ギフテッドの有名人とは?生まれつきの才能を生かし活躍する天才達!

子育て

みなさん「ギフテッド」という言葉を聞いたことがありますか?

日本では、まだあまり知られていませんが、この世界には特別な才能を持って生まれてくる子供がいます。

そんな神様から与えられた“ギフト”を生かし活躍している有名人をまとめてみました。

Sponsored Link

「ギフテッド」とは?定義や特徴

まずは“ギフテッド”とは、一体どんなことを指すのか?

またギフテッドを持つ子供には、どんな特徴があるのかまとめてみました。

ギフテッドとは?その定義

ギフテッドとは、 生まれつき平均よりも明らかに高度な知的能力を持っている人のことを指します。

ギフテッドの理解が深いアメリカでは、 「ギフテッドとは、同世代の子供と比較して、並外れた成果を出せる程、突出した才能を持つ子供のことである。」と定義しています。

ギフテッドは、生まれつきの才能なので早期教育や、先取学習のようなものから成長するものではありません。

外部からの働きかけによって世間的に成功を収ることではなく、元々持っている学習の素質、生まれつきの学習能力を持つことを指すのです。

ギフテッドの名前の由来

ギフテッドのスペルは、 “gifted”。つまり贈り物を意味します。

“神様から高度な特質や資質を与えられた”というイメージでしょうか。

ですので「ギフテッドの才能を伸ばす」というような言い方は正しくありません。

ギフテッドは、 自ら学習することを切望するので結果的に他の子供よりも先のレベルに達しますが、親が幼児教育に熱心に通わせて伸ばすような早期教育とは根本的に違うことです。

アメリカと日本のギフテッドの認識の違い

日本では“ギフテッド”という言葉の知名度が低いと共に、「飛び級できるような賢い子」という程度にしか認識されないことが多く、発達障害の側面も持つため誤解され、才能を伸ばすチャンスを奪われてしまうことがあります。

アメリカでは世界的にみてもギフテッドにとって、トップクラスの環境が整えられています。

学校の中に設置されているギフテッド専用の“ギフテッドクラス”がある。
特別なカリュクラムを組んで、多種多様な生徒を受け入れる“マグネットスクール”というものがある。
ギフテッドで社会や学校になじめなかったりする子供のために“ホームスクール”が充実している。

アメリカでは、学術的な才能を指す「ギフテッド」や芸術的な才能を指す「タレンテッド」への教育は、ギフテッド・タレンテッド教育 と呼ばれ、徹底的に「得意」な分野を伸ばすような教育を選択することが可能です。

-Sponsored Link-

「ギフテッド」の才能を生かして活躍する有名人達

では、実際にギフテッドの才能を生かして活躍する有名人をまとめてみました。

アルベルト・アインシュタイン IQ:160~190

5歳頃までは、言葉を話すことが出来なかった天才物理学者アインシュタインですが、数学に関しては傑出した才能を示し、9歳のときにはピタゴラスの定理の存在を知り、その定理の美しい証明を寝る間も惜しんで考え、そして自力で定理を証明しました。

また、大学では、講義に出ずに物理では最低の成績でしたが、自分の興味のある電気技術では最高の成績を残すなど典型的なギフテッドの逸話を持っています。

クエンティン・タランティーノ IQ:160

やんちゃなイメージの強い映画界の鬼才クエンティン・タランティーノですが、実は天才学者と並ぶIQ160のギフテッドです。

よく考えれば初期の彼の作品にみられるストーリーを複雑に交錯させた才能は、ギフテッドがなせる業かもしれませんね。

ミスター・ビーン IQ:178

ふざけたお騒がせ男を演じたらNO.1のイギリスの俳優ミスター・ビーンは超天才でした。

こんな変顔で、名門オックスフォード大学の修士課程を修了しているなんて驚きです。

演劇への並々ならぬ情熱の注ぎ方はギフテッドのおかげかもしれません。

シャロン・ストーン IQ:148

天は二物を与えた典型の、美貌と才能を併せ持つ女優シャロン・ストーン。

雑誌プレイボーイで今世紀最もセクシーな女優として紹介されたが、知的能力もそれに負けず劣らず素晴らしいものです。

マシ・オカ IQ:189

テレビドラマ「ヒーローズ」で知られるハリウッドで活躍する日本人俳優マシ・オカ

アメリカでギフテッド専門の学校に通い、12歳の時にはタイムズ紙の『アジア系アメリカ人の天才児たち』という特集で表紙を飾ったこともあるほどの天才。

ビート(北野)たけし IQ132

お笑い芸人としてはもちろん、映画監督として世界的に有名なビートたけしさん。

実は、IQ132のギフテッド。鋭いコメントや頭の回転の速さを思わせるバラエティの活躍を見れば納得です。

監督としての芸術的才能も認められた日本を代表するギフテッドかもしれません。

所ジョージ IQ:138

タレントとして活躍する所ジョージさんもIQ138のギフテッド。

所さんが以前、こんな言葉を言っていました「苦労とか努力っていう人はたぶん才能ないんだと思うよ」。

おそらく、所さんは全力で自由人をやっているのに溢れる才能がダダ漏れして世間が放っておかない本当の天才だと思います。

バラエティでの司会者としても、超一流です。

岩崎ひろみ IQ:154

1996年のNHK「ふたりっこ」でブレイクした女優の岩崎ひろみさん。

実は、一度みた台本のセリフはすぐに覚えてしまうほどの能力の持ち主。

仕事をしながら学習院女子短期大学(現在は廃止)に進学するなど優秀だったようです。

ロザン宇治原 IQ:158

お笑い芸人の枠にとらわれず、様々な番組で活躍しているロザンの宇治原さん。

京都大学法学部卒の学力と知識を生かしクイズ番組にも出演し、優勝することも多いギフテッド。

人口上位2%のIQを有する者の交流を主たる目的とした非営利団体であるMENSAの入会テストで、IQ 158以上で合格し、日本支部メンバーとなっています。

まとめ

ギフテッドの有名人の中には、「え?あの人が?」という方もいましたが、

よくよく活躍や逸話を調べてみると納得のいくものばかりでした。

日本では“ギフテッド”の理解が少なく、生まれつき高い能力と感覚を持つ子供は、意外にたくさんいると考えられます。

神様から与えられた能力を、日本の教育制度で生かせないとすれば、それはとても勿体ないことですよね。

ギフテッドだけに限らず、子供一人一人の才能を発揮できる社会にしたいものです。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。