石田さんチのイケメン過ぎる兄弟ランキング!三男・七男は?

メディア

石田さんチの大家族の兄弟って、イケメン率が高いと思いませんか?

みんな色白で綺麗な顔立ちなんですよね~。

イケメン見たさに女性視聴者も増えているようですよ。

そんな石田さんチのイケメン兄弟をランキングにて発表したいと思います。

Sponsored Link

石田さんチのイケメン過ぎる兄弟ランキング!トップ5


では早速、第5位から発表します。

【第5位】六男・有志(26歳)


美容師の専門学校を卒業し、念願の美容師になるが他の仕事もやってみたいという理由で退職。

現在は横浜のダイソンで正社員となり、ドライヤーの新人研修や実演販売をしている六男・有志くん。

高校生の頃は取材拒否で荒れていましたが、社会人となり美容師で培ったトーク力とオシャレセンスは抜群。

兄弟の中では、声が高めで早口。

【第4位】五男・元基(28歳)


大学院を卒業し、(株)情報戦略テクノロジーに就職。ひとつ下の弟、六男の有志と同居中。

幼い頃はゲーム好きで、大学時代はアイドル好きのオタクでしたが、

社会人になった映像が放送されると、その変わりように女性がザワつきました(笑)。

今はやりの塩顔に知的な眼鏡。そしておまけに料理上手。中古だけど3DKマンション持ち。

モテ始めた元基くんは、現在は合コン三昧だそうです。(お父ちゃん情報)

【第3位】長男・孝之(38歳)


日立情報制御ソリューションズで鉄道制御のプログラミングをしている長男・孝之さん。

妻・洋子さん、娘・ほのかちゃんと戸建て暮らしで絵に描いたような幸せな生活をしています。

長男だけあって、両親の愚痴を聞いて仲をとりもってあげたり、とても思いやりのある人柄。

そしてお父ちゃん譲りのユーモアセンスもあって、顔はもちろんイケメン。

【第2位】三男・光央(33歳)


日本工学院八王子専門学校を卒業後、ヌーベルバークというテレビ制作会社に入社し、日本テレビの番組のカメラマンの仕事に就くも退職。

学生時代は、分かりやすい反抗期となっていました(笑)。

石田さんちは、同じ兄弟でもグレる系とまじめ系に綺麗に分かれているのもおもしろいですね。

しかし、カメラマンの仕事を退職した後は一切番組に出ていません。

イケメンだけに残念がる視聴者が続出しました。

【第1位】七男・隼司(23歳)


美容師専門学校卒業後、世田谷の美容院に就職。美容師の道でこのままやっていくか悩んでいる隼司くん。

兄弟の中で次男・光央と同じ系統のイケメン顔で一番の人気を誇ります。

今でこそ、まともになりましたが学生の頃は兄弟で一番荒れていました。

「母ちゃんカネ!」「うるせんだクソババア」と暴言を吐いたり、取材陣にモノを投げつけることもありました・・・。


しかし、一生懸命に試験の勉強をする姿や、たまに見せるお茶目な一面に、

母性本能をくすぐられる女性が多いようです。

まだまだ若いので、これからの成長が楽しみな隼司くんです。

↓『石田さんチ』の家族の最新版はこちら↓

【番外編】四男・智広(31歳)

 

顔はイケメンではありませんが(スミマセン)。

意外に人気なのが四男・智広くん。

智広くんの内面から滲みでる、良い男ぶりに 癒される女性が多く、ファンレターも届いているようです。

家族旅行では、資金援助をするなど気前の良さも素敵です。

優しくて、ユーモアセンス抜群の智広くんは「結婚したいNO.1」なのです。

詳しくは、以下の記事で↓

まとめ

石田さんちは、大家族の悲壮感もなく、イケメン揃いなので見ていて元気がでます。

ぜひ、次回の放送では、兄弟のイケメンぶりにも注目してみて下さいね。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。