『スカーレット』松永三津役は黒島結菜!弟子役で喜美子の夫と?!

朝ドラ

朝ドラ『スカーレット』で喜美子の工房に弟子入りする松永三津役を黒島結菜さんが演じます。

松永三津は、「川原家の波乱を巻き起こす」ということしか明かされいませんが、実話の通りだと喜美子の夫・八郎との関係が怪しまれます。

今回は、松永三津役を演じる黒島結菜さんの役どころやプロフィールをご紹介します。

Sponsored Link

『スカーレット』黒島結菜演じる松永三津の役どころ

松永三津の役どころ

喜美子が結婚後にかまえた工房に弟子入りした松永三津。

三津は、東京の美術大学を卒業し、その後全国の焼き物の産地を訪ね歩いていたところ、かつて丸熊陶業で働いていた喜美子の同僚と出会い、その紹介で女性陶芸家として活躍する川原喜美子に出会います。

八郎は弟子入りすることを渋っていましたが、喜美子は八郎に“新しい風”を吹かせてくれるのでは?と期待して弟子入りさせることを、を八郎に促します。

ものおじしない、まっすぐな性格で、喜美子の元で弟子として働くも、三津は川原家に波乱を巻き起こす人物だったのですー。

発表された役どころで気になるのは、三津が起こす 「波乱」です。

喜美子には実在モデル神山清子がおり、その半生で明かされているのは 女性の弟子が喜美子を苦しめるということです。

松永三津と八郎が不倫関係に?!

実話では、喜美子のモデル神山清子は、夫とともに会社を辞め、自分たちの工房を開きます。

展覧会で作品が何度も入選していた清子は、女性陶芸家として頭角を現し、それを慕って6人の若者が弟子入りしてきます。

清子はことあるごとに、夫を立て褒めていたので、弟子たちも次第に喜美子の夫も尊敬するように。

清子と夫は「寸越窯(ずんごえがま)」を築いたことにより仕事が軌道にのりはじめます。

夫婦一緒に展覧会を開いた際には「おしどり展」とも言われ順調そうにみえた夫婦生活でしたが、金回りがよくなってきた頃から、夫が先生気どりを始めるのです。

そして 弟子であった女性と不倫関係になり、信楽町でも噂になっていきます。

これが原因で清子は離婚の選択をすることになるのです。

詳しくは↓喜美子の実在モデル神山清子で↓

もし実話の通りにいけば、三津と八郎が不倫関係になるということになりますが、朝ドラなので、そこまでドロドロしたものにはしないような気がします。

清純派の黒島結菜さんが、そんな役を演じるとも思えないですしね(笑)。

三津の一方的な片思い、または二人には何もないけれど、三津と八郎が仲良くしているのを喜美子が勘違いして・・・なんてことはあるかもしれませんが。

喜美子の新しいことを生み出す才能に、八郎がプレッシャーを受け苦しんでいるなか、三津が八郎の新しい作品のヒントとなる言葉を与えるようです。

三津は八郎にとっては“ミューズ”の様な存在で、三津は八郎へ憧れを抱いており、自然に惹かれ合っていくのも時間の問題ですね(泣)

年齢差はあるので可能性は低いですが、喜美子の息子・武志と付き合ったら良いのにと、ひそかに私は思っています。

三津役・黒島結菜さんと、武志役・伊藤健太郎さんは『アシガール』でもカップルでしたしね。

松永三津役の黒島結菜はいつ登場?

黒島結菜さん演じる松永美津は 1月上旬から登場予定です。

だいたい14~15週あたりですね。

↓『スカーレット』キャスト一覧・相関図


-Sponsored Link-

『スカーレット』黒島結菜さんプロフィール

ここからは、三津を演じる黒島結菜(くろしま・ゆいな)さんのプロフィールをご紹介します。

黒島結菜の年齢と出身地

1997年3月15日 沖縄県生まれ、現在(2019.11)の 年齢は22歳

黒目がちで意志の強そうな目元と、整った顔立ちが印象的な女優さんですよね。

芸能界の興味をもったのは、中学三年生のときに母親から「自己アピール力をつけなさい」ということで、応募したウィルコム沖縄のイメージガールコンテストで「沖縄美少女図鑑賞」を受賞したことがキッカケだそう。

沖縄県出身の女優さんといえば、 国仲涼子さん、新垣結衣さん、仲間由紀恵さん、満島ひかりさん、二階堂ふみさん・・・など美女揃いですよね。

そんな美しい人が多い中で、「沖縄美少女図鑑賞」に選ばれた黒島結菜さんは当時から光るものがあったのでしょう。

日本芸大に入学

最初はい沖縄と東京を往復して、仕事をしていましたが少しづつオファーが増えたことと高校卒業が重なったため上京。

本格的に女優業を始めるか迷っていましたが、「芸能界とは違う世界も知った方がいいよ」とのアドバイスを受けて日本大学芸術学部の写真学科を専攻しました。

そこで撮影技法などを学んでいたそうです。

女優になって撮られる側になった黒島さんですが、もしかしたら大学での経験が、今の“女優”という仕事に生かされているのかもしれませんね。

写真について勉強していた黒島さんですが、人気が出て女優と学業の両立が難しくなり残念ながら中退してしまったそうです。

しかし今でも写真には興味があるようで、彼女のインスタグラムは自撮りが少なく、「素材サイトか?」と間違えるほど素敵な写真がアップされています。

黒島結菜さん代表作

2012年あたりから女優業を始めた黒島結菜さんは、これまで多くのドラマや映画に出演していますが、その中で代表作をご紹介します。

大河ドラマ『花燃ゆ』(NHK/2015)

2015年の大河ドラマ『花燃ゆ』では高良健吾さん演じる高杉晋作の妻・雅を演じました。

鼻っ柱の強い雅役を、凛とした姿で演じて素敵でしたよね。

まだ10代だったとは思えない堂々としたものでした。

ドラマ『時をかける少女』(日テレ/2016)

2016年の『時をかける少女』では初主演を果たした黒島さん。

黒島さん演じる芳山未羽と吾朗、翔平の三角関係など、青春真っ只中の少女を瑞々しく表現していました。

ドラマ『アシガール』(NHK/2017)

2017年に放送されたNHK『アシガール』はスペシャルドラマが放送されるなどファンの多い作品です。

この中で 黒島さんは戦国時代にタイムスリップする女子高生・速川 唯をキュートに演じました。

実は『スカーレット』の制作統括の内田ゆきさん、チーフプロデューサーの中島由貴さん、音楽の冬野ユミさんは、『アシガール』のスタッフでもあります。

そんな内田Pのもとには、朝ドラが始まる前から、“黒島さんを出してほしい”という声が多く寄せられ出演が決まったそうです。

また今回『スカーレット』に出演している深野心仙役・イッセー尾形さん、川原武志役・伊藤健太郎さんとも『アシガール』で共演していましたね!

↓「スカーレット」の全話動画を見る方法は、以下の記事にまとめていますので、ご覧ください。↓

最後に

黒島結菜さんが演じる三津は実話のように八郎と不倫はしないとは思いますが、どんな波乱を巻き起こしてくれるのか、今からドキドキです。

『スカーレット』の松永三津役は、黒島さんが今まで演じたどの役とも違うようなので、新しい魅力がまた発見できそうで楽しみです。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。