• HOME
  • ブログ
  • 朝ドラ
  • 『エール』関内音のモデルは古関金子!才能ある声楽家であり過干渉な母?!

『エール』関内音のモデルは古関金子!才能ある声楽家であり過干渉な母?!

朝ドラ

朝ドラ『エール』の主人公である古山裕一を支える二階堂ふみさん演じる妻・関内音。

そんな関内音の実在モデルは、声楽家の古関金子(きんこ)です。

今回は、古関金子(きんこ)の知られざる半生や家系図を調べてみました。

Sponsored Link

『エール』関内音のモデルは古関金子の生い立ち

※18歳の頃の金子

豊橋市で三女として誕生

古関金子は、旧姓 内山金子といい明治45年(1912年)3月6日に、陸軍に物資を納入する業者を営む、内山安蔵、みつの三女として豊橋市に生まれました。

ドラマ『エール』では、父を光石研さん、母を薬師丸ひろ子さんが演じます。

内山家には、一番上に兄はおり、その下に女6人姉妹の7人兄妹でした。

父の安蔵は、金子が12歳のときに亡くなってしまい、その後は母・みつ が家業を継ぎ女手一つで子どもたちを育てました。

逞しい母の血を引いてか、金子の子どもの頃の性格は、とってもお転婆で活発、そして音楽と文学が好きな空想好きな一面もあったそうです。

女学校時代はオペラ歌手を夢みていた

女学校時代はオペラ歌手になりたいという夢を持っていた金子。

女学校を卒業すると、一番上の兄・勝英が満州で事業を行っていることもあり、満州の兄の元へ遊びにいく機会がありました。

しかし、日本へ帰る便で船が座礁し沈没・・・。

金子は死をも覚悟しましたが、なんとか生き残ることができたそうです。

古関裕而との出会い

金子は家計を助けるために、知人の紹介で名古屋の出版社で住み込みの手伝いを始め、傍らで声楽の教師になるべく勉強を始めます。

昭和5年1月、「福島の無名の青年が国際作曲コンクールで入賞」という新聞記事を読んだ金子は、感心し持ち前の行動力で、すぐに古関にファンレターを送ります。

それがきっかけで二人は、4か月ほど文通を続け、豊橋まで古関が会いに来ることに…。

そした、そのまま一緒に金子が福島に付いてくる形で 結婚します。

結婚したときの年齢は、古関20歳、金子18歳の頃。

かなりのスピード婚だったにもかかわらず、晩年まで仲が良く、 おしどり夫婦として知られています。

二人の出会いから結婚までの経緯は、お見合い結婚が主流だった時代には考えられないような、大胆で情熱的なものだったのですね!

-Sponsored Link-

夫婦で上京

21歳の頃には、コロムビアの顧問山田耕筰の推薦で、コロムビア専属の作曲家として、夫婦で上京し、世田谷の家を構えます。

ちょうど自宅近くに、 帝国音楽学校という音楽学校があり、そこでベルトラメリ能子(よしこ)に師事し本格的に声楽の勉強を始めます。

当時の同級生には、後に歌手になる伊藤久男や蘆原邦子がおり、そんな中でも金子の才能は抜きんでて素晴らしく、作曲家・中山晋平も絶賛していたそうです。

しかし、1932年に長女・雅子、1934年に次女・紀子(みちこ)、を出産したことにより、子育てに専念するため帝国音楽学校を中退しました。

1946年には、長男・正裕も誕生し、3人の母となりました。

長男・正裕さんによれば、声楽を辞め子育てに専念したせいか、子どもに対しては過干渉&過保護であったため、正裕さんは、反発を繰り返していたそうです(笑)。

↓古山裕一の実在モデルは古関裕而!あの有名曲を生み出した人物だった!↓

晩年

晩年は、雑誌「婦人文芸」に参加し委員となり、詩や随筆を執筆したり、古関裕而と共にヨーロッパ、中近東へ海外旅行に行くこともあったようです。

息子・正裕さんと二世帯住宅で同居をしていた時期は、黙っていられない性格から、孫の子育てを巡って嫁姑バトルを繰り広げることもありました。

しかし、1980年(昭和55年)7月23日、68歳のときに乳がんが全身に転移し、帰らぬ人となりました。

↓『エール』キャスト一覧・相関図・追加キャスト・子役を総まとめ↓

最後に

古関裕而に勝るとも劣らない、音楽の才能を持ちながらも、家庭を優先し、夫を支え続けた金子。

今回の朝ドラ『エール』では、金子の地元・豊橋のストーリーもあるようなので、あまり知られていない一面も描かれるかもしれませんね。

演技力に定評のある二階堂ふみさんがそう演じるのかも楽しみです。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。