岸辺露伴は動かない(ドラマ)キャスト・相関図・あらすじネタバレ

国内ドラマ

『ジョジョの奇妙な冒険』のキャラクター岸部露伴が語り部になり、死霊、妖怪、神などの怪奇性が高い事件に突き当たり、特殊能力をを使って事件を解決していく『岸辺露伴は動かない』。

そんな大人気短編集が、2020年12月に高橋一生さん主演でドラマ化されるということで、今回は『岸辺露伴は動かない』のキャスト・相関図・あらすじ・原作ネタバレをご紹介いたします。

Sponsored Link

『岸辺露伴は動かない』キャスト一覧

岸辺露伴(高橋一生)

人気漫画家。相手を「本」にし、相手の過去や素性を知り、さらに書き込みを行い指示を与える“ヘブンズドア”という特殊能力を持つ。
漫画に対する情熱はすさまじく、作品にリアリティを持たすためなら手段を選ばず、ネタ探しは決して手を抜かない。

泉京香(飯豊まりえ)

大手出版社“集明社”に勤務する編集者で、露伴の担当。
イマドキの女子で、富豪村の別荘の一画が売りに出されていると知り興味を持つ。

一究(柴崎楓雅)※1話目登場

富豪村の案内役。別荘地の購入に訪れた客をもてなす反面、マナー違反をしないか試験をし、監視している。

志士十五(森山未來)※2話目登場

露伴と同じ出版社で連載を抱える漫画家。
ペンネームの由来は4×4=16という答えをあえて外すことで「人生は計算通りにはいかない」ということを表現している。
編集者から渡された禁止用語リストにある「くしゃがら」という単語に違和感を抱き、取り憑かれる。

片平真依(瀧内公美)※3話目登場

インテリアコーディネーター。6年前に交通事故で夫を亡くした未亡人。
精子バンクを利用し、真央という女児を出産するが、子どもの奇妙な身体的特徴に違和感を抱く。

平井太郎(中村倫也)

京香が付き合っている写真家。事故によって過去の記憶を失っている。
露伴による催眠術で、記憶を取り戻そうとするが…。

『岸辺露伴は動かない』相関図

※無断転載ご遠慮ください。

ドラマ『岸辺露伴は動かない』あらすじ・ネタバレ

第1話「富豪村」

周囲から隔絶された山奥に豪邸が11軒ある「富豪村」。所有者はいずれも各界で成功した大富豪ばかりで、いずれも20代でこの村の土地を所有してから成功しているという。ただし、条件をクリアしないと買うことが許されないらしい。ことの真偽を確かめるべく、露伴は、新人の担当編集・泉京香と共に富豪村に赴く。そこで課されたのは奇妙な試験だった。それは「マナー」。マナーに寛容はない。「正しい」か「正しくない」か。一つマナーを守れば成功に近づくが、一つ破れば大切なものを一つ失っていく…。

第2話「くしゃがら」

露伴は同僚の漫画家・志士十五から奇妙な相談を受ける。担当編集者から「くしゃがら」という言葉は使用禁止だと言われたのだ。しかしネットにもどんな辞書にも意味は載っていない。使うなと言われると使いたい。だが意味を知らないと使えない。「好奇心」の魔物にむしばまれ、十五は心身に異常をきたす。露伴が彼を「本」にするとそこには袋とじページが。袋とじの中に何かが蠢(うごめ)いていて…。

第3話「D.N.A」

京香から彼女が付き合っている写真家の平井太郎の記憶喪失を、“催眠術”で探って欲しいと頼まれた露伴。太郎は、著名な写真家だったが、6年前に交通事故にあい、一命は取り留めたが、完全な社会復帰に至っていなかった。露伴が京香に太郎を紹介され話しているところに、バギーに女の子を乗せた片平真依が通りかかる。すれ違い様バギーの奥から娘・真央の手が伸び太郎の裾を掴み、太郎を転倒させてしまう。その瞬間、露伴はシェードの奥から見つめる真央の目に異変を感じていた。

ネタバレ

ドラマ『岸辺露伴は動かない』「富豪村」、「くしゃがら」、「D.N.A」の三編の原作は、

◆『富豪村』→マンガ『岸辺露伴は動かない』1巻
◆『くしゃがら』→短編集『岸辺露伴は叫ばない』
◆『D・N・A』→マンガ『岸辺露伴は動かない』2巻

に収録されています。

ネタバレ結末は以下の記事にまとめてありますので、知りたい方は⇒こちら

岸辺露伴とはどんな人物?


岸辺露伴は動かない 2 [ 荒木 飛呂彦 ]

岸辺露伴は、荒木 飛呂彦さんによる『ジョジョの奇妙な冒険Part4‐ダイヤモンドは砕けない』の登場人物です。

週刊少年ジャンプにて「ピンクダークの少年」という漫画を連載中の人気漫画家で、リアリティのある漫画を描くためなら、手段を選ばず、ネタ探しは決して手を抜きません。

作中では「スタンド使い(超常的能力を持った守護霊的な存在)」として知られています。

岸辺露伴のスタンドは、自分の漫画を見せることにより、相手を「本」にし、なおかつ書き込みを行い指示を与える“ヘブンズドア”という特殊能力。

他にも、露伴は、ペンの速さや洞察力の高さも素晴らしいという特徴があります。

『ジョジョの奇妙な冒険』は、バトルアクションがメインですが、本作は、露伴が体験する摩訶不思議な奇談が中心となっています。

ドラマの中でも、“ヘブンズドア”を発動させることにより、様々な謎や怪奇現象を解明していくのでしょうか。楽しみです。

最後に

「動かない」「だが断る」といいつつ、意外に事件に首を突っ込む岸辺露伴さんが、どんなアイデアで突破していくのか?

高橋一生さんが、このクセのあるキャラクターに、どこまで乗っかることができるのか?

1話完結型のドラマで、『ジョジョの奇妙な冒険』を知らなくても楽しめる内容となっていますので、お見逃しなく。

放送は、

◆2020年12月28日(月)、29日(火)、30日(水)
◆総合/BS4K よる10時から10時49分 <3夜連続>

です。

もし、原作を読みたい方は、U-NEXT<ユーネクスト>でマンガ配信中です。

いまなら、1冊無料なうえ、600ポイント(600円分)プレゼントで、さらにもう1冊『私たちはそうかしている』を読むことが可能です。

なお、この配信情報は2020年7月時点のものです。

配信が終了している、またはキャンペーンが終了している可能性がございますので、現在の配信状況については、各動画配信サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。

詳しくは⇒コチラ

\今すぐ『私たちはどうかしている』を読む!/

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。