『ファーストラヴ(映画)』キャスト一覧・相関図と原作ネタバレ

邦画

父親を殺害した容疑で逮捕された女子大生の動機を調べるうちに、周囲の人々の思わぬ過去が暴かれ、予測不能な結末に辿りつく映画『ファーストラヴ』。

甘酸っぱい青春もののようなタイトルとは裏腹に、サスペンス色溢れる重いストーリーと、法廷劇も加わったスリリングな内容に驚かされる人も多いはず。

そこで今回は映画『ファーストラヴ』のキャスト相関図、あらすじと原作をご紹介いたします。

Sponsored Link

映画『ファーストラヴ』キャスト一覧


真壁由紀

演・北川景子
環菜の事件を取材するる公認心理士。環菜の家庭環境に自分を重ね合わせ、自身のトラウマと向き合うことになる。庵野迦葉とは大学時代の同期だが夫には内緒にしている。
真壁我聞
演・窪塚洋介
由紀の夫。カメラマン。迦葉とは従兄弟の関係だが、兄妹同然に育ち仲が良い。由紀の心の傷を理解し、優しく支える。
庵野迦葉
演・中村倫也
敏腕弁護士。環菜の弁護を務めたことで、由紀と再び関わり、自分の生い立ちと向き合うように。
真壁早苗
演・高岡早紀
由紀の母親。自分の考えが絶対で由紀に押し付けてきた。

聖山環菜

演・芳根京子
父親を殺害した容疑で逮捕されたアナウンサー志望の女子大生。「動機はそちらで見つけてください。」というセンセーショナルな発言で話題となる。
聖山那雄
演・板尾創路
環菜の父親。画家として美大で教鞭をとるが、環菜によって殺害されたとされる。
聖山昭菜
演・木村佳乃
環菜の母親。芸術家の夫に従順で威厳のある人物。娘の環菜の自傷行為に気づかないなど無関心。
賀川洋一
演・清原翔
大学時代の環菜の恋人。環菜が事件を起こしたことにより週刊誌の取材を受ける。

小泉裕二

演・石田法嗣
環菜が幼い頃、家出をしたときに、保護をした男性。環菜の初恋の人?

-Sponsored Link-

映画『ファーストラヴ』相関図

映画『ファーストラヴ』あらすじ

アナウンサー志望の女子大生である聖山環菜(芳根京子)が、画家の父親を刺殺した容疑で逮捕された。

「動機はそちらで見つけてください。」

若く美しい女性が起こしたセンセーショナルな事件は、マスコミを始め世間を賑わすが、動機は不明のままだった。

事件を取材する公認心理士・真壁由紀(北川景子)は、環菜の弁護士を務める庵野迦葉(中村倫也)と共に、環菜への面会や、周囲の人々に取材を重ねていく。

しかし、二転三転する環菜の供述や、家族との歪んだ関係が明らかになる中で、由紀は、環菜の姿に自らの過去を重ね始める。

そして、自分の傷を知る迦葉の存在や、環菜の本当の動機に触れたとき、由紀は心の奥底に隠してきた「あるトラウマ」に向き合うことになるのだが….。

次第に明らかになる少女の秘密は、由紀自身の過去の記憶とあいまって、意外な結末を迎えることになる。

『ファーストラヴ』原作


ファーストラヴ [ 島本 理生 ]

映画『ファーストラブ』は、島本理生さんによる同名小説が原作で、本作は第159回直木賞に輝きました。

これまで、瑞々しい恋愛ものを多く描いてきた島本さんですが、本作はタイトルから想像が出来ないミステリー色が強めの内容となっています。

本作は、親殺しの事件として読み進めていくうちに、異常な家族の過去が浮かびあがり、やがて由紀のトラウマまで掘り下げられていく、ひたすらに重く、暗いストーリーです。

「こんなことを思う私がおかしい?」「こんな風になったのは自分のせいだ」など、自己肯定感の低い環菜は、精神的に不安定で、登場するたびに印象が変わっていき、加害者なのか被害者なのか判断がつかなくなっていきます。。

また、事件以外に気になるのが、迦葉と由紀の危うい関係性です。

とても似ているように見える二人は、共鳴し合っているのに、わざと関わりを避けているように感じます。

ワタシは、物語の進行と共に、環菜の事件よりも二人の関係が知りたくて、ページをめくる手が止まりませんでした。

余談ですが、登場人物の中にいる真壁我聞さんは、良き夫であり良き父親。

おまけに長身でメガネを取ってもイケメンで、シリアスな物語のなかでも、ホッと一息つける人物です。

そんな包み込むような優しさを持った我聞さんを、窪塚洋介さんがどのように演じるのか、個人的に楽しみにしています。

窪塚さんは、どっちかというと迦葉タイプの人間に感じていましたので、意外なキャスティングでした。

あまり書くとネタバレになりますので、結末が知りたい方は以下の記事をご覧くださいね。

原作『ファーストラヴ 』ネタバレ結末は⇒こちら

最後に

“稀代の問題作”とされた直木賞受賞作を、豪華な出演者で映画化した『ファーストラヴ』は、2021年2月公開です。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。