『ここは今から倫理です(ドラマ)』キャスト相関図と原作ネタバレ

国内ドラマ

みなさんは、高校生の頃に、選択授業で「倫理」を学んだことはありますか。

ドラマ『ここは今から倫理です』は、とある高校の倫理の教師が、問題を抱える生徒に、哲学、倫理、偉人の名言を交えながら「よく生きる」「幸せ」とは何かを投げかける物語です。

そこで今回は、2021年1月スタートの山田裕貴さん主演のNHKドラマ『ここは今から倫理です』のキャスト相関図、あらすじ、ネタバレをご紹介いたします。

Sponsored Link

ドラマ『ここは今から倫理です』キャスト一覧

教師


高柳

山田裕貴
「倫理」を専門にする高校教師。冷静沈着でクール。生徒の悩みに寄り添い解決に導く一方で、「悩んでいる人間にしか興味がない。」という歪んだ一面を持つ。

生徒

逢沢いち子
演・未定
男にだらしなく、複数の相手と関係を持っていた。高柳から「教養」の大切さについて教えられ、勉強を始める。高柳を一途に思う。
酒井みゆき
演・未定
頭脳明晰ゆえに、他の生徒の無学さに苛立ちを覚える。高柳にも反発していたが、同級生の自殺未遂事件に遭遇し、己の無力さを知る。
八木まりあ
演・未定
無邪気で明るい性格なので悩みがないように見えるが、実は性被害に遭い思いつめる。高柳と酒井に自殺を止められ、酒井とは友人となる。
谷口恭一
演・未定
いじめを受けた経験から教師を目指す。高柳に憧れていたが、善悪の曖昧さを知り…。
本田奈津子
演・未定
ぬいぐるみの声が聞こえ、恋愛感情も持っているが、この秘密は高柳しか知らない。
間 幸喜
演・未定
一人の時間を持て余し夜遊びを繰り返す問題児。高柳に自由ゆえの不安を指摘される。
近藤 陸
演・未定 
違法なドラッグの取引に巻き込まれ、不登校になる。危険が迫ったところ高柳に保護される。
高崎由梨
演・未定
昔から「リストカット」を繰り返しており、自傷行為を授業中にやってしまうが…。

-Sponsored Link-

『ここは今から倫理です』あらすじ

「倫理」とは、人間が実践すべき道義を指し、道徳の規範となる原理のこと。

「倫理」という教科は、地理や歴史のように生活する上で触れることもなく、数学のような凡庸性も、英語のような実用性もない、 学ばなくても将来、困ることはない学問である。

とある高校で、何食わぬ顔で授業を受けている生徒たちだが、実は、自傷行為、深夜徘徊(はいかい)、いじめ、ドラッグ、合意の無い性行為などの問題を抱えていた。

倫理の教師をしている高柳は、選択授業を受けている生徒たちに静かに語ります。

「倫理で学んだことが生かせる職業はほぼないが、自分が孤独になったときに役に立つことがある。」

宗教とは・・・人が信じられなくなったとき、死期が迫ったときに、人々は宗教に救いを求める。
よりよい生き方を考える・・・人間関係がうまくいかない、他人を妬んでしまう。
幸せとは・・・・悩みが尽きず苦しい。満たされない。
命とは・・・私たちは、なんのために生きているのか。

「別に知る必要性はないけれど、生きるために知っていた方がいいと思いませんか?」

一見、退屈で禅問答に思える倫理の授業には、人生を生き抜くヒントが多く隠されている。

そして、高柳は、問題に押しつぶされそうな生徒に寄り添い、問いかけ、悩み続ける。

人に、そして人生に向き合う教師の物語が幕をあけるー。

『ここは今から倫理です』原作(少し)ネタバレ


ここは今から倫理です。  [ 雨瀬 シオリ ]

ドラマ『ここは今から倫理です』は、単行本で4巻まで発行されている、天瀬シオリさんによる同名マンガが原作です。

教師の高柳が、問題を抱える生徒の悩みに寄り添い、良い方向に導く一話完結の短編集のようになった作品です。

物語は、勧善懲悪でもなく、単なる悲劇でもなく、最後は読者に委ねるスタイルなので、実際に「倫理」の授業を受けているような感じがします。

「何を聞かされようと、自分の理性が受け入れたもの以外信じるな」という高柳先生の言葉は、押し付ける傾向のある、今の教育に問題提起しているように思えました。

また、ごく普通の高校生に見える生徒たちの身近にある問題が、やけにシリアスで、ぐいぐいと引きこまれます。

少しネタバレ

『ここは今から倫理です』のストーリーを少しネタバレしてみると、

男にだらしなく、複数の相手と関係を持っていた逢沢いち子という女生徒は、高柳にお色気で迫り誘惑しようとします。

しかし、高柳は花魁を例に挙げ 「あなたには“教養”がない。大人を口説ける美しい女性になるには見た目だけでなく教養も必要ですよ。」と答えます。

初めて、自分の誘いに乗らなかった高柳に興味を持った、いち子は、それから美しい字を書けるようにテキストを買って勉強をはじめます。

すると、小学生の頃の勉強の楽しさを思い出し、男たちとの付き合いがつまらなく感じるようになっていきます。

しかし、これまで いち子と関係を持ってきた男たちは、いち子の素っ気ない態度に腹を立て、集団で襲いかかりますが、そこに高柳は現れて…。というお話。

他にも、酒井みゆきという頭の良い生徒は、同級生で、悩みのなさそうな能天気な八木まりあをバカにしていました。

そんなある日、みゆきは、まりあが屋上に立ち飛び降りようとしているところに遭遇。

何も考えていないように見えていた まりあは、実は性被害を受け、思いつめ、命を絶とうと決心していたのでした。

そんな まりあに、みゆきは「バカじゃないの!そんなの命の重さに比べたら小さいことじゃない!」と言いますが、高柳は「それは、違います!」と言い切ります。

高柳は、「恋に破れても、家族を亡くしても、いじめられても、就職に失敗しても、仕事がなくても、お金がなくても、人生が退屈でも、 それがどんな理由でも、命に換わるほど、重い絶望になるんです!」と、まりあとみゆきに訴えかけます。

人を馬鹿にして毎日を退屈に過ごしてきた みゆきと、人生に絶望していた まりあは、高柳のこの言葉に“ハッ”とさせられます…。

一部のお話を紹介しましたが、他にも違法薬物に手を出した生徒や、いじめを受ける生徒、深夜徘徊をする生徒などが登場し、各話ごとに高柳先生の心に響く言葉がさく裂します。

もっと『ここは今から倫理です』のストーリーを知りたい方は、U-NEXT<ユーネクスト>でマンガ配信中です。

いまなら、1冊無料なうえ、600ポイント(600円分)プレゼントで、さらにもう1冊『私たちはそうかしている』を読むことが可能です。

なお、この配信情報は2020年11月時点のものです。

配信が終了している、またはキャンペーンが終了している可能性がございますので、現在の配信状況については、各動画配信サイトのホームページもしくはアプリをご確認ください。

詳しくは⇒コチラ

\今すぐ『ここは今から倫理です』を読む!/

最後に

NHKドラマ『ここは今から倫理です』は、2021年1月スタートです。

山田裕貴さん演じる高柳先生は、ドラマでどのような哲学、倫理、偉人の名言を語るのでしょうか?。楽しみですね。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。