半径5メートル(ドラマ)キャスト・相関図!芳根京子と永作博美が女性記者に

国内ドラマ

2021年4月30日にスタートするNHKドラマ10は、芳根京子さん、永作博美が週刊誌記者を演じる『半径5メートル』です。本作は世の女性の半径5メートル以内に起こる、違和感やもやもやにスポットをあてたヒューマンドラマです。今回はドラマ『半径5メートル』のキャストや相関図、あらすじをご紹介いたします。

Sponsored Link

『半径5メートル』キャスト一覧


前田風未香
演・芳根京子
週刊「女性ライフ」編集者。芸能ゴシップを扱う「一折」班で失態を犯し、女性の生活情報を扱う「二折」班に異動となる。

亀山宝子
演・永作博美
週刊「女性ライフ」編集者。「二折」班の名物ベテラン記者。ユニークな取材をして、風未香を驚かす。

-Sponsored Link-

ドラマ『半径5メートル』あらすじ

週刊「女性ライフ」編集者・風未香(ふみか、芳根京子)は、芸能ゴシップを追いかける「一折(いちおり)」班で失態を演じ、生活情報など読者の身近な関心事を掘り下げる「二折(におり)」班に異動となる。そこで出会ったのは、名物ベテラン記者・宝子(たからこ、永作博美)。「事件」「スクープ」をあわただしく追いかける一折班に比べ、二折班は一見ユルく見え、中でも宝子の取材ぶりは一風変わっていた。例えば、スーパーでレトルトおでんを買おうとした主婦が、見知らぬ男性から「おでんぐらい自分で作れ」と怒られたという話題では、宝子はジェンダー論にくみせず、なぜかコンニャク作りを始めるのだ。はじめは何の意味があるのかさっぱりわからない風未香だったが、人とは違うアプローチから見えてくるものに次第に気が付き、宝子をメンターとして成長していく。
毎回ワンテーマ、身近な問題を取り上げ、「取材する側」の個人的事情や「もやもや」も交えて、さまざまな人間模様が描かれる。やがて風未香は、「半径5メートル」のネタから世の中を揺り動かしていく……!

『半径5メートル』の見どころ

見どころは、女性記者二人が、現代の性差別や人権問題などの問題を提起して解決策を探していくのではなく、女性の身近にある「なぜ?」と感じるちょっとした違和感にゆっくり向き合うという物語です。

「どうしてワンオペ育児をしているのだろう?」「どうして旦那さんと最近ご無沙汰なんだろう?」といったようなニュースにはならないけれど、なにかモヤッする日常の問題を取りあげているので、女性ならば「ある!ある!」と共感すること間違いなし。

若手編集者を演じる芳根京子さんと、型破りなベテラン記者演じる永作博美さんの、掛け合いにも注目したいですね。

『半径5メートル』脚本家・スタッフ

作:橋部敦子

『半径5メートル』には原作はなく、シナリオライター橋部敦子さんによるオリジナル作品となります。橋部敦子といえば『僕の生きる道』『フリーター、家を買う。』『知ってるワイフ』など、家族や夫婦などの小さな出来事をテーマにしながら、さりげない「葛藤」を描くことに長けた脚本家です。

【橋部敦子さんコメント】
情報が溢れかえる時代。何が正解なのかを探したところで答えは出ません。人は、正解がないことを知っているから、正解を探そうとするのかもしれません。
正解を誰かに教えてもらうのではなく、自分の視点を持ち、自分で考え、自分なりの正解を作り出していくことが必要とされる今、素敵なキャスト、スタッフのみなさんと共に、この物語をお届けできることを、とても嬉しく思います。

演出:三島有紀子

演出を手掛けるのは、映画『Red』『幼な子われらに生まれ』の監督で知られる三島有紀子さんです。三島さんは、かつてNHKの社員となり『NHKスペシャル』『トップランナー』などのドキュメンタリー作品を手掛けたこともあります。

【三島有紀子さんコメント】
世界はいつも居心地がいい訳じゃない。だから下を向いて歩く。足元の花や小石や水たまりの月を見つけて考える。なぜ、ここにあるのか?なぜ、自分はここにいるのか?なぜ、つらいのか。いくつもの“なぜ”が生まれる。身のまわりの“なぜ”を解き明かすと真実が見える気がする。そして願うのだ。新しい世界へと進む扉を見つけられますように。ストーリーはいつだって、あなたのまわり半径5メートルから生まれる。いつかご一緒に作品を作りたいと願っていた芳根京子さん、永作博美さん、すべての出演者、そしてスタッフと、そんなドラマを届けたいと思う

『半径5メートル』放送日と時間

総合:2021年4月30日(金)スタート
よる10時から10時44分 <連続10回>

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。