• HOME
  • ブログ
  • 皇室
  • 【皇室ティアラ一覧】値段は?ティアラ紛失し行方不明でヤフオクに?!

【皇室ティアラ一覧】値段は?ティアラ紛失し行方不明でヤフオクに?!

皇室

元号が平成から令和に変わり、皇后陛下となられた雅子さまが、最初に付けていたティアラが「素敵!」と思った方も多いと思います。

実は、このティアラは皇室で代々受け継がれているものなのです。

そんな、皇室が所蔵しているティアラの種類や値段、デザインなどをまとめてみました。

また行方不明になったティアラの噂の真相にも迫ってみたいと思います。

Sponsored Link

【皇室のティアラ一覧】値段やデザインは?

ここでは、ティアラの歴史や皇室の女性が実際に身につけているティアラを一覧にしてみました。

ティアラの歴史を簡単に

ティアラの始まりは、 古代ローマ皇帝とその皇后たちが勝利、成功、幸福の象徴として身に着けたことが始まりだと言われています。

1804年にナポレオンが皇帝になると、宮廷すべての女性にティアラの着用を強要するなどし、皇帝の権力を見せつけるために着用していました。

その文化は明治18年に日本にもやってきます。

デザインは日本の伝統文様である唐草が多く施され日本独自のデザインが確立されました。

その時代から、日本の皇室でもヘッド用のティアラというオーナメントは外交上の晩餐会や式典に採用されています。

また、皇室だけでなく、結婚式で花嫁がティアラをつけるなど一般にも浸透し、女性の憧れのアイテムでもあります。

皇室ティアラ一覧

まずは皇后陛下のティアラから見てみましょう。

皇后が着けるティアラは、第一、第二、第三、があります。

皇后のティアラ
第一ティアラ
第二ティアラ
第三ティアラ

一番格式高いのが第一ティアラです。雅子さまが令和初日に付けられていたのが第一ティアラです。

ブランドはドイツ・ベルリンのレオンハード&フィーゲル製であり、中央の太陽を表した飾りは天照大神を表しています。

また太陽の部分は、星に付け替えられるようになっており、パリの高級宝飾店ショーメの製作です。

ブリリアンカットのダイアモンドが約60個使用され、真ん中のひときわ大きなダイアモンドは、世界13番目に大きいダイアです。

明治、大正、昭和、平成そして令和へと受け継がれている第一ティアラは、明治天皇の皇后である昭憲皇太后から約130年続いているものであり、

値段では換算できないほど歴史的に重要なものとなっています。

ちなみに、第二ティアラは、大正6年に制作され菊のモチーフが施されています。

皇后のティアラは、天皇の三種の神器と同じく、代々引き継がれるもの(由緒物)とされています。

皇太子妃のティアラ
第一ティアラ
第二ティアラ

皇太子妃の第一ティアラは、大正12年(1923)皇太子殿下(昭和天皇)のご結婚の際に製作され、

その後、香淳皇后から譲り受けたミキモトが、金属を溶かし、石も再利用(昔のカットのまま)リフォームしたものです。

また、お代替わりをする際、着用しやすいように頭のサイズに合わせて調整もされるようです。

-Sponsored Link-

皇室のティアラの値段は?

皇后陛下や皇太子妃のティアラの値段は、歴史的も重要なものであり、値段などは一切公表されていませんが、

他の女性皇族のティアラは値段が公表されているので、ご紹介します。

皇室のティアラの値段

眞子さま 2856万円 和光製
佳子さま 2892万円 ミキモト製
絢子さま 1485万円
典子さま 1522万円

女性皇族のティアラも一般人には、とても手が出ない金額となっていますが、

これらのティアラの支払いは、公務の必要経費として「宮廷費」として皇室の財源から捻出されています。

そのため、ティアラは個人の所有物ではなく、国のものなので、

女性皇族が結婚すると、国へ返却することになります。

女性皇族は、だいたい2つのティアラをお持ちのようなので、現在の女性成人皇族の数から考えると20個ほどのティアラが皇室には保管されているようです。

また新たに製作される時には、ジュエラーの入札によって決められます。

眞子さまのティアラは、和光とミキモトが競い和光が落札し製作しています。

佳子さまのティアラは、コンペ方式を採用し学識経験者が審査をし、ミキモトが受注しました。

皇太子妃の第一ティアラが紛失し行方不明になった?

ある時に皇太子妃の第一ティアラをお見かけすることが無くなり、

「紛失した?」「盗まれた」「ヤフオクで売られている」というマスコミの報道がありました。

皇太子妃第一ティアラ
紛失?

しかし、検証した結果ヤフオクに出されていたのは偽物で、紛失されたという噂はデマであることが判明しました。

その証拠に2019年、令和元年の5月1日に 第一ティアラは紀子さまが着けられています。

唐草模様がとても優美な印象を受ける、人気のティアラだけに心配でしたが、所在が分かり安心しました。

雅子さまは皇后になり、皇后のティアラ(第1~第3)を使用するので、

皇太子妃時代のティアラを紀子さまが受け継がれたということだったようです。

秋篠宮殿下が現在、皇位継承権第一位となられたので、その妃である紀子さまが着けても、おかしくありませんね。

ともあれ、高価なティアラですので、皇室では厳重に管理されているはずなので、紛失することはまずありえません。

まとめ

世の女性達が憧れるプリンセスの象徴であるティアラ。

特に歴代の皇后さまが着けられているティアラは130年も、修理やリフォームをしながら受け継がれていることは知りませんでした。

令和になり、皇室行事が目白押しなので、これからは女性皇族のティアラにも注目してみて下さいね。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。