【天皇家系図の現在】名前・画像・学歴などのプロフィール一覧

皇室

新しい天皇陛下が即位し、元号が平成から令和に変わる際に即位の儀式や皇室行事が多く報道され、皇室の方々を目にする機会も増えました。そこで今回は皇室に興味を持った方のために、少し複雑な皇室の人々の家系図とプロフィールを一覧にしてご紹介いたします。

-Sponsored Link-

天皇家系図の現在

天皇家の家系図

※無断転載ご遠慮ください。

皇室とは、 天皇と皇族から成り立ち、天皇を中心とするひとつの家のようなものです。

ただ注意したいのは、皇族には天皇は含まれず、天皇は皇室のなかでも別格の存在とされています。

秋篠宮、三笠宮、高円宮、常陸宮など 「〇〇宮」と呼ばれるのは、皇族が独立した場合に、天皇から与えられる 称号のことです。

英訳では「○○宮/宮妃」を「Prince/Princess 〇〇」と訳すので、秋篠宮さまであれば、「Akishinomiya Prince」と言われます。

また皇族には苗字がなく、署名などをするときにはお名前だけを記入します。

-Sponsored Link-

皇室の現在の人々の画像と名前プロフィール一覧

上皇さま

◆お名前:明仁(あきひと)    
◆称号・幼名:継宮(つぐのみや)
◆年齢:87歳
◆誕生日:1933年(昭和8年)12月23日
◆学歴:学習院大学政経学部政治学科
◆お印:榮(えい)草花が盛んに茂る様子

昭和天皇の長男で、皇太子として生まれ、平成31年4月30日に、202年ぶりの生前退位された「上皇」となられました。

上皇后さま

◆お名前:美智子(みちこ)    
◆続柄:故・正田英三郎氏の長女
◆年齢:87歳
◆誕生日:1934年(昭和9年)10月20日
◆学歴:聖心女子大学文学部外国語外国文学科
◆お印:白樺(しらかば)

軽井沢のテニスコートで上皇さまと出会い、ご結婚。民間から初めて皇室に入られ、国民が“ミッチーブーム”に熱狂した一方で、伝統の壁やバッシングにさらされたこともありましたが、お人柄の良さと慈悲のある行動から国民に愛されました。

天皇陛下

◆お名前:徳仁(なるひと)    
◆称号・幼名:浩宮(ひろのみや)
◆年齢:63歳
◆誕生日:1960年(昭和35年)2月23日
◆学歴:・学習院大学文学部史学科→英国オックスフォード大学マートンカレッジ留学 →学習院大学大学院人文科学研究科博士前期課程修了
◆お印:梓(あずさ)

終戦から15年後の昭和35年(1960)2月23日、上皇ご夫妻の長男として誕生。親子が別々に暮らすという天皇家のしきたりにとらわれず、上皇ご夫妻によって育てられました。雅子さまが体調を崩して療養生活に入られると、お一人で公務に臨まれ、皇后さまを支え続けました。

皇后陛下

◆お名前:雅子(まさこ)    
◆続柄:小和田恒氏の長女
◆年齢:58歳
◆誕生日:1963年(昭和38年)12月9日
◆学歴:米国ハーバード大学経済学部→東京大学中退 →外務省入省(1993年に退職)→英国オックスフォード大学ベーリオールカレッジ留学
◆お印:ハマナス

皇室での慣れない生活とお世継ぎ問題で、適応障害と診断されて長期ご療養に入られましたが、現在は、自らが皇后となられることに自身の存在価値を見出し、海外の来賓をもてなすなどご公務にも徐々に復帰されています。

愛子さま

◆お名前:愛子(あいこ)    
◆称号・幼名:敬宮(としのみや)
◆年齢:20歳
◆誕生日:2001年(平成13年)12月1日
◆学歴:学習院大学文学部4年生
◆お印:ゴヨウツツジ

天皇陛下と雅子さまご結婚から6年後に待望のお子様として誕生。一時は拒食症や不登校などで心配されましたが、現在は学習院大学4年生として元気な姿が見られています。

秋篠宮皇嗣さま

◆お名前:文仁(ふみひと)    
◆宮号:秋篠宮(あきしののみや)
称号・幼名:礼宮(あやのみや)
◆年齢:56歳
◆誕生日:1965年(昭和40年)11月30日
◆学歴:学習院大学法学部政治学科→英国オックスフォード大学大学院動物学科留学 →理学博士(国立総合研究大学院大学)
◆お印:栂(つが)
◆皇位継承順位1位

天皇陛下の即位に伴って皇位継承順位1位の「皇嗣(こうし)」となった秋篠宮さま。学生時代に紀子さまを見初められ、仲間との飲み会の帰り道に、信号待ちをしているときに、「私と一緒になってくれますか?」とプロポーズしました。

秋篠宮妃紀子さま

◆お名前:紀子(きこ)    
◆続柄:川嶋辰彦(かわしま・たつひこ)氏長女
◆年齢:55歳
◆誕生日:1966年(昭和41年)9月11日
◆学歴:学習院大学文学部心理学科卒業→学習院大学大学院人文科学研究科心理学専攻博士前期課程→人文科学博士(お茶の水女子大学)
◆お印:檜扇菖蒲(ひおうぎあやめ)

幼少期はお父様のお仕事の関係でウィーンやオーストリアで過ごした紀子さま。学習院大学教授だったお父様のお仕事の関係で教職員用の3LDKの共同住居に住んでいたことから、秋篠宮さまとのご婚約が発表されると「3LDKのプリンセス」とも呼ばれました。

眞子さま

◆お名前:眞子(まこ)    
◆年齢:30歳
◆誕生日:1991年(平成3年)10月23日
◆学歴:国際基督教大学教養学部アーツ・サイエンス学科→英国レスター大学大学院博物館学研究科→国際基督教大学大学院アーツ・サイエンス研究科博士後期課程
◆お印:木香茨(もっこうばら)

「天性のものを失わず、自然に、飾ることなく、ありのままに人生を歩んでほしい」という願いを込めて、父の秋篠宮文仁親王により、「眞子」と名付けられました。現在、小室圭さんとのご結婚問題の行方が案じられています。

佳子さま

◆お名前:佳子(かこ)    
◆年齢:27歳
◆誕生日:1994年(平成6年)12月29日
◆学歴:学習院大学文学部教育学科中退→国際基督教大学教養学部アーツ・サイエンス学科 卒業
◆お印:ゆうな

秋篠宮家の次女として誕生し、「健康であるとともに素直で思いやりがあり、心身とも佳(よ)い子に育って欲しい」ということで「佳子」と名付けられました。国際基督教大学を卒業され、成年皇族としてご公務に励まれています。

悠仁さま

◆お名前:悠仁(ひさひと)    
◆称号・幼名:
◆年齢:15歳
◆誕生日:2006年(平成18年)9月6日
◆学歴:お茶の水女子大学附属中学校3年生
◆お印:高野槇(こうやまき)
◆皇位継承権2位

皇位継承順位第2位である悠仁さまは、皇室典範が改正されない限り、将来は天皇になる立場のお方です。秋篠宮さまの影響もあるのか昆虫やカメラに興味をお持ちです。

-Sponsored Link-

常陸宮さま

◆お名前:正仁(まさひと)
◆宮号:常陸宮(ひたちのみや)    

◆称号・幼名:義宮(よしのみや)
◆年齢:86歳
◆誕生日:1935年(昭和10年)11月28日 
◆学歴:学習院大学理学部化学科→癌研究会癌研究所客員研究員(1969年~2001年1月)
◆お印:黄心樹(おがたま)
◆皇位継承権3位

上皇さまの弟として、兄を支えてきた常陸宮さま。幼少期は、国民から当時の人気漫画の登場人物にちなんだ「火星ちゃん」の愛称で呼ばれ親しまれました。

常陸宮妃華子さま

◆お名前:華子(はなこ)    
◆続柄:故・津軽義孝氏の四女
◆年齢:81歳
◆誕生日:1940年(昭和15年)7月19日
◆学歴:学習院女子短期大学英文科卒業
◆お印:石南花(しゃくなげ)

お父様は旧弘前藩津軽家の14代当主の伯爵。朗らかで気さくな性格で常陸宮さまを支えながらご公務をなされました。絵本を翻訳し、出版もされています。

故・三笠宮さま

◆お名前:崇仁(たかひと)    
◆称号・幼名:澄宮(すみのみや)
◆逝去:2016年(平成28年)10月27日 100歳
◆誕生日:1915年(大正4年)12月2日
◆学歴:学習院中等科→陸軍士官学校卒業→騎兵連隊で勤務・陸軍大学校卒→陸軍参謀
◆お印:若杉(わかすぎ)

大正天皇の第4皇男子で、庶民的でフランクな人柄で知られ、旅行や登山、スケートなど多趣味なお方でした。2016年に現皇室最高齢の100歳でご薨去されました。

三笠宮妃百合子さま

◆お名前:百合子(ゆりこ)    
◆続柄:故・高木正得氏の次女
◆年齢:98歳
◆誕生日:1923年(大正12年)6月4日
◆学歴:女子学習院本科 卒業
◆お印:桐(きり)

現在の皇室の最高齢で唯一の大正生まれである三笠宮妃百合子さま。最近は、発作性心房細動との診断を受け入院され心配されましたが、現在は退院しています。

故・寛仁さま

◆お名前:寛仁(ともひと)    
◆逝去:2012年(平成24年)6月6日 66歳
◆誕生日:1946年(昭和21年)1月5日
◆学歴:学習院大学法学部政治学科→英国オックスフォード大学モードリン・カレッジ留学 →札幌オリンピック冬季大会組織委員会事務局勤務 →沖縄国際海洋博覧会世界海洋青少年大会事務局勤務
◆お印:柏(かしわ)

ヒゲの殿下の愛称で親しまれ、皇族のなかでは、「オールナイトニッポン」にDJとして出演したり、「アルコール性依存症の寛仁親王であります」「皇室はストレスの塊である」と発言するなど、その親しみやすさから皇族と国民の橋渡しのような役割を果たされました。

寛仁親王妃信子さま

◆お名前:信子(のぶこ)    
◆続柄:故・麻生太賀吉氏の三女
◆年齢:66歳
◆誕生日:1955年(昭和30年)4月9日
◆学歴:英国ロスリンハウス・カレッジ 卒業
◆お印:花桃(はなもも)

吉田茂元首相の孫娘で麻生太郎元首相の妹に当たる。16回のがんなどの手術を経験した寬仁さまを献身的に介護されました。

彬子さま

◆お名前:彬子(あきこ)    
◆年齢:40歳
◆誕生日:1981年(昭和56年)12月20日
◆学歴:学習院大学文学部史学科卒業 →英国オックスフォード大学マートン・カレッジ留学 →哲学博士(オックスフォード大学)
◆お印:雪(ゆき)

トルコを訪問された際には、丁寧なお辞儀と、日本とトルコの国旗のデザインのネイルをされるなど、プリンセスとしての気遣いが絶賛されました。結婚はせず三笠宮家に残り、当主として家を守っていきたいというお気持ちが強いと言われています。

瑶子さま

◆お名前:瑶子(ようこ)    
◆年齢:38歳
◆誕生日:1983年(昭和58年)10月25日
◆学歴:学習院女子大学卒業 →日本赤十字社勤務(2006年12月~2012年11月)
◆お印:星(ほし)

剣道が得意で、大学時代は女子副主将も務められました。理想の男性は父と仰るほど、寬仁親王を敬愛していました。

故・桂宮さま

◆お名前:宜仁(よしひと)    
◆宮号:桂宮(かつらのみや)
◆逝去:2014年(平成26年)6月8日 66歳
◆誕生日:1948年(昭和23年)2月11日
◆学歴:学習院大学法学部政治学科卒業→オーストラリア国立大学大学院留学→日本放送協会 嘱託(1974年~1985年)
◆お印:桂(かつら)

三笠宮崇仁さまの次男で、天皇陛下のいとこにあたります。生涯独身で宮家を創設し、66才の若さででご薨去されました。

故・高円宮憲仁さま

◆お名前:憲仁(のりひと)    
◆宮号:高円宮(たかまどのみや)
◆逝去:2002年(平成14年)11月21日 47歳
◆誕生日:1954年(昭和29年)12月29日
◆学歴:学習院大学法学部法学科卒業→カナダ・クィーンズ大学(キングストン)留学 →名誉法学博士号(クィーンズ大学)→国際交流基金嘱託(1981年~2002年)
◆お印:柊(ひいらぎ)

大のスポーツ愛好家として知られ、英語やスペイン語も堪能な高円宮さまは、皇位継承権が一番末席であるため、比較的自由に活動され国民に親しまれました。久子さまとはレセプションパーティーで出会い、出会いからわずか二週間後にはプロポーズをされご結婚されました。2002年に「スカッシュ」というスポーツを楽しまれている最中に心不全を起こされ、47歳の若さでご薨去。

高円宮妃久子さま

◆お名前:久子(ひさこ)    
◆続柄:故・鳥取滋治郎氏の長女
◆年齢:68歳
◆誕生日:1953年(昭和28年)7月10日
◆学歴:英国ケンブリッジ大学ガートン・カレッジ卒業→法学名誉博士(カナダ:アルバータ大学)→法学名誉博士(カナダ:プリンス・エドワード・アイランド大学)→芸術文化学博士(大阪芸術大学)
◆お印:扇(おうぎ)

ご結婚前は翻訳者として活躍したバリバリのキャリアウーマンだった久子さま。

誕生日プレゼントに何が欲しいかと聞かれ、指輪やブローチではなく工芸品の根付と答えるなどユーモアのあるお人柄です。

承子さま

◆お名前:承子(つぐこ)    
◆年齢:35歳
◆誕生日:1986年(昭和61年)3月8日
◆学歴:早稲田大学国際教養学部卒業→日本ユニセフ協会勤務
◆お印:萩(はぎ)

日本郵船株式会社に務める一般男性とご結婚され皇室を離れた承子さま。SNS(mixi)のブログでパリピ画像が流出され、留学先でロイヤルファミリーらしからぬ奔放さが話題となりましたが、今は落ち着かれ家庭を築かれています。

最後に

戦前は“菊のカーテン”と呼ばれるほど、謎に包まれていた皇室ですが、最近の皇室の方々は、自身の日常生活を語るなど親しみやすい存在になってきました。

令和になり新しい天皇陛下が誕生し、さらに「開かれた皇室」になると期待されていますので、今後はさらに皇室が注目されることになりそうですね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。