ニッポンノワール刑事Yの反乱キャスト・あらすじ・相関図!

国内ドラマ

2019年10月スタートの新日曜ドラマは、賀来賢人さん主演でおくるミステリードラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』です。

脚本を手掛けるのは、大ヒットした『3年A組』の武藤将吾さんなので、何が起こるか予測不能の規格外の刑事ドラマとなりそうでワクワクしますね。

そんな『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』のキャスト・あらすじ・相関図・脚本についてまとめてみました。

Sponsored Link

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』キャスト

捜査一課刑事
遊佐清春
演・賀来賢人
たたき上げの捜査一課刑事。
冷徹で目的のためには手段を選ばない。
ある日、山小屋で目を覚ますと隣に上司である女性刑事の亡骸、そして手には拳銃が。
数か月の記憶がないまま。同僚刑事から疑われ・・・。
亡くなった女性刑事
碓氷薫
広末涼子
遊佐の上司で碓氷班・班長。
美しい容姿と、優秀な操作能力で捜査一課のマドンナと呼ばれている。
才門要
井浦新
公安部の刑事。
薫の事件を捜査している。
かつて清春に刑事のイロハを叩きこんだ。
ひょうひょうとしながら、心に強い信念を持ち、喧嘩も強く、時に禅問答のようにキーとなる言葉を吐く。
南部修介
北村一輝
クセもの揃いの捜査一課を束ねるボス。
自らの足で現場に赴く行動派。
常に危険なオーラと艶やかな雰囲気を醸し出す。
敵か味方か不明。
名越時生
工藤阿須加
感情豊かで本能のまま行動する捜査一課のトリックスター。
照れや見栄もなく、本能のまま相手の懐に飛び込む。
亡くなった碓氷刑事に思いを寄せていた。
高砂明海
立花恵理
捜査一課“碓氷班”の紅一点の女性刑事。
クールな美貌の持ち主だが、性格は超ドSで、クセ者ぞろいの捜査一課の中で我が道を行く人物。
碓氷克喜
田野井健
亡き女性刑事の小学生になるひとり息子で、遊佐の幼き相棒。
深水咲良
夏帆
常に事件を追うフリーライター。
人を寄せ付けないエキセントリックな性格だが心優しい女性。
遊佐行きつけの喫茶店のマスターの娘で、遊佐の良き理解者。
本城芹奈
高橋ひかる
素行の悪い友人と、日々遊び歩く自由気ままな女子高校生。
父親は警察幹部。
心の奥にある重大な秘密を抱えている。
未解決の十億円強奪事件

追加キャストが発表され次第に、情報を更新します。

-Sponsored Link-

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』相関図

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』あらすじ

森の中で目を覚ました時、主人公は直前数か月の記憶を失っていた。
女性刑事を亡き者にしたのは…俺か…それとも罠か…。何もかもが分からない。
容疑者は警視庁捜査一課と、そして自分自身なのか⁉
潰されていく証拠。偽装される捜査。
男を疑い追いかける同僚刑事、かつての仲間は一夜にして敵に。
やがて事件は未解決の「十億円強奪事件」の真相へと繋がっていく…。
すべての人間が疑心暗鬼の中、騙しだまされのストーリーが展開されていく。
疑いが加速し、裏切りが止まらない、究極のアンストッパブル・ミステリー‼
出展元:【ニッポンノワール】公式サイトより

『ニッポンノワール』の脚本は『3年A組』の武藤将吾

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』の脚本を担当するのは、人気脚本家・武藤将吾さん。

武藤さんといえば、登場人物の会話劇を主軸とした、アップテンポでストーリー展開が魅力ですよね。

過去に脚本を手掛けたものには、

・電車男(2005)
・花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜(2007)
・クローズZERO(2007)、クローズZERO II(2009)
・仮面ライダービルド(2017)
・3年A組-今から皆さんは、人質です-(2019)

など、誰もが知っている人気作品がならびます。

『仮面ライダービルド』は私も見ていましたが、味方だとおもっていた人物の裏切り、作り込まれた世界、キャラクターの濃さなど、子供番組とは思えないクオリティでした。

また福井雄太プロデューサーなど、「3年A組」スタッフが再集結して送る刑事ドラマということで、大どんでん返しや、謎解きの部分など、息をもつかせない展開になりそうです。

武藤作品の特徴の1つである、人間の欲深さ、哀しみなど深い部分まで切り込んでくれるような人物描写にも期待しています。

ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』放送日・時間

放送日 2019年10月からスタート
放送時間 毎週日曜 夜9:00~
放送局 日テレ系列

最後に

新感覚の刑事ドラマとして期待されているドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』。

賀来賢人さんが、一夜にして犯人に仕立て上げられる敏腕刑事を演じるということで、スピード感ある展開から目が離せません。

また本作は、人気脚本家・武藤将吾さんが、長年やりたかった念願のオリジナル企画ということなので、放送を楽しみに待ちましょう。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。