【絆のペダル】キャスト・原作・ネタバレ24時間テレビ(2019)ドラマ!

国内ドラマ

24時間テレビ内で放送されるスペシャルドラマ2019は、嵐の相葉雅紀さん主演の『絆のペダル』です。

実在するロードレーサー宮澤崇史さんと、それを支え応援してきた母親との絆を描いた実話となっています。

この記事では、『絆のペダル』のキャスト・原作・ネタバレをまとめ、もっと深くドラマを楽しめるようにしてみました。

Sponsored Link

24時間テレビドラマ『絆のペダル』キャスト一覧

宮澤崇史
相葉雅紀
第一線で活躍している日本人ロードレーサー。
母とは日本一になる約束を交わし、その夢が実現しようとした矢先に悲劇が・・・。
宮澤純子(崇史の母)
薬師丸ひろ子
崇史が幼少期に夫を亡くし、公務員として働きながら女手一つで2人の子どもを懸命に育てた。
崇史が日本一のロードレーサーになることを応援するが、肝臓の病に倒れる。
適合者である崇史の生体肝移植以外に助かる道がない。
宮澤妙子
酒井若菜
崇史の姉でしっかり者。
母の病気を心配している。
学生時代の宮澤妙子
日比美思
学生時代の崇史の姉の宮澤妙子。
新谷圭吾
田中圭
崇史の実力派ライバルで、チームBALVISTEN所属。
“人の背中を見てゴールしない”がモットー。
レーサー同士が集う合宿で崇史ち出会い、懸命にペダルを漕ぐ崇史に興味を抱く。
そして、崇史と運命の一戦を戦うことに・・・。
荒川将也
藤井隆
高校時代の崇史の初のロードレースを助け、アドバイスするレーサー。
椎名優希
波瑠
実業団チームSUPPICHIのマネージャー。
クールで冷静な性格だが、誰よりもチームのこと思い、選手に気を配っている。
マネージャーとして、「どうすればチームに貢献」できるか常に考える心優しい人物。
移植を決意した崇史の復帰を望み応援している。
東城章
平岡祐太
実業団チームSUPPICHIのメンバー。
児島光一
高橋努
実業団チームSUPPICHIのキャプテン。
小野拓也
小柳友
実業団チームSUPPICHIのメンバー。
宮澤の指導者
 原晋
元全日本チャンピオンの指導者。
崇史にプロへの道を厳しく指導する。
広田信二
今井悠貴
信濃工業高校・自転車競技部所属。
崇史のチームメイト。
巻山周 
塚家一希
信濃工業高校・自転車競技部所属。
崇史のチームメイトでありライバル。
南健太郎
田川隼嗣
信濃工業高校・自転車競技部所属。
崇史のチームメイト。
崇史の幼少期
森崎海來
幼少期の崇史。
崇史の幼少期
込江大牙
幼少期の崇史。
高校時代の宮澤崇史
高橋恭平(なにわ男子)
高校時代の宮澤崇史。
信濃工業高校・自転車競技部所属。
初のロードレースに挑む。

『絆のペダル』あらすじ

最も過酷なスポーツとも言われる自転車競技・ロードレース。そんな世界でトッププロとして活躍した宮澤崇史(相葉雅紀)は、多くの困難を乗り越えてきた選手でもあった。
1992年、崇史(高橋恭平・なにわ男子)は、テレビでツール・ド・フランスを見て「自転車の選手になる」と宣言。崇史の母・純子(薬師丸ひろ子)は息子が『夢中になれる』何かを見つけたのではと直感し、全力で応援していこうと心に決める。
高校卒業後、崇史はプロ自転車選手の道へ進む。母と共に苦難を乗り越え、正に“自転車で日本一になる”という崇史の夢がかなうまであと一歩となったその時、純子が肝臓の病気で倒れてしまう……。
このままだと余命が1~2年であると宣告された純子を救う唯一の方法は生体肝移植だけであった。崇史は、真っ先に自分の肝臓を提供すると医師に告げる。しかし、移植手術を受けることは崇史の自転車選手としての選手生命を絶つことと同義であった……。
出展:「絆のペダル」公式サイトより

親子の絆、仲間との絆、ロードレースへの情熱など夏の終わりにふさわしい熱い内容になりそうですね。

また、自転車ロードレースの過酷さや疾走感などにも注目したいと思います。

そして崇史さんがドナーになることを決意し、親子の夢を諦めることにもなりますが、崇史さんの決断により、素晴らしい奇跡がおきる・・・ということですので、お楽しみに。

-Sponsored Link-

『絆のペダル』の原作は?ネタバレ!

24時間スペシャルドラマ『絆のペダル』は、 ロードレースで活躍するプロロードレーサー・宮澤崇史さんとその母親の実話が元になった物語です。

宮澤崇史さんの実話(ネタバレ含む)

長野県に生まれた崇史さんは6歳の時、父・幸弘さんが病気で亡くしてしまいます。

母の純子さんは事務員として働きながら、女手一つで崇史さんとと2歳年上の姉、妙子さんを育てあげました。

生活は楽なものではなく、貧しく服はいつも従兄弟のお下がりだったようです。

崇史さんが中学校の時、 テレビでロードレースの最高峰、ツール・ド・フランスを見たことがきっかけで、母にマウンテンバイクをねだります。

家計にそんな余裕はく、母の純子さんは同僚に頼みマウンテンバイクを借りてきてくれました。

さらに、純子さんは崇史さんが自転車レースの経験がないにもかかわらず、いきなりマウンテンバイクの大会に参加させてしまうのです。

結果は、 出場者290名中、27位。

経験者が大半のレースで上位に食い込む成績を残したのです。

それから、自分のマウンテンバイクを買ってもらった、崇史さんは取りつかれるようにペダルを漕ぎ続け、純子さんのサポートのもと、各地のレースの参戦します。

そして宮澤さんは、自転車部のある長野工高に進学し、卒業後はロードレースの本場ヨーロッパへ渡ります。

イタリアでチームに所属し、ロードレーサーとしての経験を積みます。

 23歳の頃に、肝臓を患った母のために自身の肝臓の3分の1を生体移植で提供することを決断。

移植のための開腹手術は、 腹筋を切断することになり、 それはアスリートにとって、致命的なものでした・・・。

傷が治ると、リハビリを開始するも、それは歩くことさせ困難なほど辛いものでした。

筋力や全身の運動能力が落ちた宮澤さんは、とうとう、チームから戦力外通告を受けてしまいます。

ロードレースの情熱を諦めなきれなかった宮澤さんは、単身フランスへ渡り、アマチュアチームでゼロからキャリアをスタートします。

それからは、毎日、腹筋を3時間鍛えるなど、地道なトレーニングを積んでいく日々。

そして移植から9年後、 32歳になった崇史さんは、日本ロードレース界の頂点を決める、全日本選手権のスタート地点にたちます。

結果は、ゴール前で母・純子さんが見守る中、出場者157人、196.8キロのコースを走破する過酷なレースを制し、みごと優勝したのです!

その後、34歳の頃には、国際自転車競技連合(UCI)というワールドチームに所属し、個人総合時間賞、スプリントポイント賞などに輝きました

18年間の海外レース活動をした後、2014年に現役を引退

現在は、リオモ・ベルマーレ レーシングチーム監督をしながら、セミナー、医療・教育関連の講演会、パーソナルトレーナーなど各地で活動を行っています。

ドラマ『絆のペダル』は、架空のオリジナルキャストも含まれるので、実話とは少し違った展開になるかもしれませんが、おおよそこのような流れになると予想されます。

宮澤さんの前人未踏の戦いと、お母さんと交わした約束を実現させる過程は、感動間違いなしですね。

24時間テレビドラマ『絆のペダル』放送日・時間

放送日 2019年8月24日(土)
時間 よる9時頃~

お見逃しなく!

最後に

実在するロードレーサーの奇跡とも呼べる実話をドラマ化した『絆のペダル』。

相葉雅紀さんの疾走感ある自転車レースのシーンや、薬師丸ひろ子さん演じる母との絆にも注目したいと思います。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。