『リカ(ドラマ化)』キャスト・相関図・原作!高岡早紀のサイコスリラー!

国内ドラマ

本格的なストーリーに定評のある、オトナの土ドラの今度の新作は、サイコなドラマ『リカ』です。

悪女をやらせたら右の出るものがいない高岡早紀さんが、サイコパス“リカ”を演じ、その餌食となる男性を小池徹平さん大谷亮平さんが演じることでも話題となっています。

この記事では、ドラマ『リカ』のキャスト・相関図・あらすじ・原作についてまとめてみました。

これを読めば、背筋も凍る『リカ』の世界をもっと楽しむことができるでしょう。

Sponsored Link

ドラマ『リカ』キャスト 高岡早紀が完全無欠のモンスターに!

キャスト 役どころ
雨宮リカ
高岡早紀
「女は28歳で結婚し、家庭に入るのが一番幸せ」と思いこんでいる自称28歳の謎の女。
男性から自己肯定感を満たしてくれるような言葉を言われると、すぐに“運命の人”と勘違い。男性との仲を邪魔する者は全てが敵と思う。
心に闇を抱え、愛を渇望し生涯のパートナーを探し求めている。
純愛を貫こうとするが故に、モンスター化し周囲を恐怖に落としいれる。
丘留千秋(旧姓:金沢)
夏菜
1部・2部を通して登場する物語のキーパーソンのような存在。
1部では、花山病院の受付をしながら、病院内で起こる不可解な出来事を独自の推理でSNSにアップしている。
2部では旧姓の金沢に戻り、映画会社のデスクとして勤務。
映画会社でも日々の出来事をSNSにアップしていたが、本間を追ってきたリカと再び出会い運命を翻弄される。
第1部キャスト
大矢 昌史
小池徹平
リカの第1のターゲット。
花山病院の副医院長を務め、実際に病院を取り仕切っている。
花山大次郎は叔父にあたる。
大学病院に勤める研修医・佐藤真由美とは婚約中。
医師としての腕はいいが、優柔不断な性格により周囲を気にしすぎ気苦労が多い。
リカにより信頼できるスタッフを失い、自身もリカの毒牙に追い詰められていく。
佐藤真由美
山谷花純
大矢昌史の婚約者。
大学病院で働く。
相手重之
西村直人
花村病院の外科医50歳。
大矢から信頼されサポートしている。
刈谷柊一
増田修一郎
花村病院の内科医40歳。
大矢の大学の先輩でもある。
倉田博子
藤本沙紀
花村病院の看護師33歳。
森田綾乃
立花恵理
花村病院の看護師27歳。
リカに利用される。
木村奈央
安座間美優
花村病院の看護師29歳。
相川美奈子
浅沼恵理
花村病院の看護師23歳。
小山内則子
池谷のぶえ
花村病院のベテラン看護師長53歳。
院長を尊敬し、院長からも信頼されている。
リカに嫌悪感を抱いている。
藤鐘清美
安藤玉恵
花村病院の副看護師長37歳。
第2部キャスト
本間 隆雄
大谷亮平
リカの第2のターゲット。
映画製作会社プロデューサー。
妻・葉子との間に一人娘・亜矢をもうけるも、妻の浮気が発覚し別居中。
仕事のリサーチで出会い系サイトに登録したことで、リカと出会ってしまい、破滅への道へ。
本間葉子
徳永えり
第2部から登場の隆雄の妻。
全国チェーンの飲食店の仕事をしてるが、上司と男女の仲になったことが隆雄にバレて別居中。
娘の亜矢は実家が近いこともあり、葉子が引き取っている。
隆雄とヨリを戻したいが、うまくいかない。
原田信也
柏原収史
本間がリカの捜査を依頼する敏腕探偵。
元刑事だった経験を生かし、リカを追跡することに。
花山大次郎
西岡德馬
大矢昌史の伯父であり、長年の地域医療に貢献してきた花山病院の院長。
病気の後遺症で右半身が不自由になり、病室から指揮をとっている。
気難しい性格がゆえに、うまくいかず、そんな心に隙を狙いリカが接近し、巧に利用していく。

-Sponsored Link-

ドラマ『リカ』相関図

※情報が公開され次第、随時更新していきます。

↓倉田博子役の女優は「なつぞら」のレミ子

↓リカに利用される看護師・森田綾乃役の立花恵理のプロフ↓

ドラマ『リカ』あらすじ(2部構成)

ドラマ『リカ』 は、第1のターゲット大矢昌史編と、第2にターゲットの本間隆雄編の2部構成となって物語が進んでいきます。

第2部は、第1部から3年後の設定となっています。

『リカ』第1部あらすじ

都内にある花山病院。規模は小さいが、入院設備も整い地域医療を担っている。そこに看護師として雨宮リカ(自称28)/(高岡早紀)が採用された。
副院長で外科医の大矢昌史(34)/(小池徹平)は、優柔不断なところもあるが腕は確か。将来を嘱望される病院のエースで婚約者もいる。しかし、昌史はリカにとっての運命的な出逢いをしてしまう。そう、リカは「運命の相手」として、昌史に目を付けて病院に入り込んだのだった。
すると、花山病院で不可解な事件が続く。消えていく患者、看護師、医師たち…。そして、昌史の婚約者にも伸びるリカの魔の手。果たして、リカの狂った愛情の終末は…?
出展元:東海テレビ「リカ」公式サイトより

『リカ』第2部あらすじ

―3年後。
映画会社のプロデューサー・本間隆雄(40)/(大谷亮平)は、妻の浮気が原因で別居中、愛する7歳の一人娘とも離れて暮らしていた。
ある日、仕事上のリサーチのため「メールで文通ができるマッチングアプリ」に登録する。そこにハンドルネーム<リカ>を名乗る女性からメールが。しばらく文通が続き、本間は仕事目的で<リカ>に会ってみようと提案する…。これが地獄への入り口、破滅の幕開けだった。
以来、本間の携帯には、おびただしい数のメール、着信が。会社に自宅に、リカの執拗なストーキングが続く。
本間の同僚、探偵、刑事、そして妻と娘と周囲を巻き込んだ壮絶なストーリーは、予想外の結末を迎えることになる。
出展元:東海テレビ「リカ」公式サイトより

ドラマ『リカ』原作

ドラマ『リカ』の原作は、五十嵐貴久さんの小説「リハーサル」、「リカ」(幻冬舎文庫です。

現在は、第5シリーズとなる「リメンバー」が連載中の人気シリーズです。


リカ (幻冬舎文庫) [ 五十嵐貴久 ]

リハーサル (幻冬舎文庫) [ 五十嵐貴久 ]

リカシリーズを読んだ感想を見ると、「二度と読みたくない。」、「後味は最悪。」、「恐怖で疲労感がハンパない。」、「真夏でもクーラーが必要ないくらい震えた。」などリカの狂気に怯える人が続出しています。

私も読みましたが、原作のままだと放送は(グロすぎて)不可能レベルでした。

心臓に強い方は、手にとってみてはいかがでしょうか。

『リカ』シリーズの時系列は?

作者の五十嵐さんによれば、『リカ』シリーズは時系列がバラバラで出版されていますが、それぞれの作品を読んで、改めて時系列で読んで欲しいということです。

『リカ』シリーズの小説の時系列は以下の通り。

1.リバース
2.リハーサル
3.リカ
4.リターン
5.リメンバー

トラウマになるほどの恐怖で、二度と読みたくないですが、勇気のある方は時系列で読んでみて下さい(笑)。

ドラマ『リカ』の見どころ

リカの収集癖や舌打ち

ドラマ『リカ』では、普通の小物でもリカにかかると、とても恐ろしいものに見えてきます。

ハーバリウム

好きな人が使っていたゴム手袋やメガネ、イヤホンを収集しハーバリウムにして鑑賞するリカ。

「綺麗・・・」とつぶやきまがら悦に入る表情は、背筋がゾクッとしますね。

ミートスパゲッティ

リカが、毎日食べているであろうミートスパゲッティ。

好きなものに執着する性格が表れているようで恐ろしいです。

赤色が血に見えてくる(笑)

舌打ち

気に入らないことがあると、表情を変えずあからさまに舌打ちをするリカ。

ナチュラルに出てくる舌打ちに、闇の深さを感じてしまいます。

過去に『リカ』はドラマ化されていた!

ちなみに、 『リカ』は2003年に浅野ゆう子さんと阿部寛さん主演でドラマ化されたことがあり、その放送時も「怖すぎる」と評判だったとか。

そして、今回のリカ役は、ズバ抜けた若さと美貌の持ち主として知られる高岡早紀さん。

高岡早紀さんと言えば、年齢を重ねるごとに色気が増して、リカと同様に年齢不詳の美魔女ですよね。

2013年には 、映画『モンスター』で、醜くい容姿で実の母親にまで「ブス」と罵られ、風俗で稼ぎながら次々と整形していく女を怪演していました。

リカも“純愛モンスター”と呼ばれているように、高岡さんは“モンスター役”に縁があるようですね。

そして忘れてはいけない、餌食となる男性の小池徹平さんと大谷亮平さん。

この二人と言えばドラマ ドラマ「奪い愛」シリーズでも、女性によって狂わされる役でしたね(笑)。

本作でも、二人の振り切った演技が見れそうで、役者が揃った2019年のドラマ『リカ』は、期待が高まります。

『リカ』の世間の口コミ評価が、ひと⽬でわかるサイトTVログをチェック。

ドラマ『リカ』主題歌は倖田來未さん!

ドラマ『リカ』の主題歌は、倖田來未さんが歌う『STRIP』

むき出しの感情を、スリル感のある曲調の乗せて倖田さんが歌いあげるようで、ドラマを盛り上げてくれそうです。

ドラマ『リカ』放送日・放送局

2019年10月5日(土)スタート!
(第1部 2019年10月5日~26日)
(第2部 2019年11月9日~30日)

毎週土曜 23:40分~
東海テレビ・フジテレビ系

土曜の深夜に震え上がりましょう(笑)

↓『リカ』の見逃し動画はこちらFOD無料配信中↓

最後に

“愛する人を手に入れるためなら、どんな手段も厭わない”リカの狂気と純愛を描いたドラマ『リカ』。

高岡早紀さん、小池徹平さん、大谷亮平さんなど、これ以上ないキャストが揃った本作で、土曜の夜は背筋の凍る思いで、楽しみましょう。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。