保育園の水筒の容量やサイズの選び方!1歳2歳3歳のおすすめ

子育て

保育園の持ち物リストのなかの一つに、“水筒”ってありますよね。

でも「どのくらいの容量が必要?」「サイズや大きさの選び方」が分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、保育園の水筒の容量やサイズと、選び方のポイントを経験を踏まえてご紹介いたします。

Sponsored Link

保育園の水筒の容量やサイズ

子供が1日に必要な水分量

まず子どもの1日に必要な水分量を知ることで、最適な水筒の容量を調べてみましょう。

体重1kgあたりの1日に必要な水分量
新生児 50~120ml
1歳未満 120~ 150ml
満1歳から就学前 90~100ml
学童 60~80ml

この表をもとに、3歳の体重15kgの子どもの1日当たりの水分量を計算してみると、

100(ml)×体重15(kg)=1500(ml)

となります。

ただし1500(ml)といっても、これは飲み物の水分だけではなく、 食べ物の水分や、呼吸やエネルギー代謝によって生じる水分(代謝水)も含まれています。

また保育園にいるのは、だいたい日中だけなので、1500mlの三分の一の 500ml位の水筒の容量が良いということです。

保育園の水筒の容量とサイズ

上の計算式から平均すると 保育園児の水筒の容量の目安は、

年齢 水筒の容量
1歳~2歳 300ml~450ml
3歳~ 450ml~650ml

となります。

園によっては、食事やおやつのときにはお茶を出してくれたり、リュックに納まるサイズの水筒の指定などがあり、これより少ない量で済むこともあります。

我が家の子どもが通っていた園は、昼に水筒に残ったお茶を全部 捨ててしまうので、 年少から年長まで450mlの水筒で十分間に合いました。

ですので、子どもさんの体格や保育園の方針も考慮して選んでくださいね。

また、水筒は消耗品と考えて、安いものを年齢によって買い替えてみるのもオススメです。

保育園の水筒の選び方のポイント3つ

容量がだいたい決まったところで、ここからは水筒の選び方のポイント 素材・飲み口・デザインを抑えておきましょう。

①素材

水筒の素材はプラスチック、アルミ、ステンレスなどがあります。

プラスチック・・・価格が安く、デザインが豊富で、軽く洗いやすい。保温や保冷ができず落とすと傷がつきやすい。

アルミ・・・軽くて丈夫で割れにくい。保温・保冷ができず飲み口が小さいので洗いにくい。

ステンレス・・・丈夫で、保温・保冷効果に優れている。価格は高めで重く、キャラクターものは少ない。

夕方まで水筒で保管する場合は、手作りの麦茶は傷みやすいので 保冷できるステンレス製がおすすめ。

1歳~3歳位は、重い水筒を持つとヨロヨロするので、プラスチック製が軽くて持ち運びしやすいです。

それぞれのメリット・デメリットを確認して、使いやすい素材を選んでくださいね。

②飲み口

直飲みタイプ

飲み口の口を直接つけて飲むタイプのものです。

フタを開けてすぐに飲むことができ、余計なパーツがないので洗いやすく衛生的。

最近は、おしゃれなデザインも多く出ています。

ストロータイプ

ストロータイプは、倒してもドバッとこぼれず、小さいお子さんは飲みやすいタイプ。

うちの子も、 1歳のときに最初に購入したのが、ストロータイプのもので、上手に飲んでいました。

ストローの中が少し洗いづらいですが、替えストローを販売しているものも多いので、定期的にストローを交換すると良いですよ。

コップタイプ

水筒のフタをコップにして、飲み物を注ぐタイプのもの。

片手で水筒を持ち、もう片方の手でコップを持つことになるので、低年齢だと扱いが難しいです。

うちは、 5歳頃からこのタイプを使用していましたが、自分で注ぐのが楽しいようでお気に入りでした。

水筒本体に口を付けないので、衛生面では一番安心です。

③デザイン

お弁当箱は親の独断で選ぶだけでなく、子どもが好きなキャラクターやデザインを選んであげましょう。

お気に入りの水筒を持つだけでも、子どもは登園が楽しくなるものです。

愛着があれば、物を大切にあつこかう心も芽生える可能性があります。

しかし、小学生まで長く使えるような大きく、ちょっとお高めの水筒を選ぶときは、キャラものは避けるようにアドバイスをしてあげてみて下さい。

人気の保育園の水筒のおすすめをご紹介!

直飲みタイプ

ワンプッシュ超軽量ボトル


超軽量ダイレクトボトル 470ml  子供 直飲み ステンレス 

容量 470ml
素材 内びん、口がね:ステンレス鋼
キャップ:飽和ポリエステル(PET樹脂)
フタ:ポリプロピレン
重さ 約285g

ワンプッシュで簡単オープンでき、誤作動でキャップの開閉を防ぐロック機能付いているので、うっかりこぼす心配がなし。

飲む時にキャップの戻りを防ぐロック設計付きで、氷が入れやすい広口タイプなので便利。

ステンレスなのに軽量で、保冷・保温もばっちり。

直のみステンレス


ワンプッシュステンレスボトル 470ml 超軽量 

容量 470ml
素材 ステンレス、ポリプロピレン
重さ 283g

私が購入したのがこの商品。

ステンレスなのに283gと軽かったこと、そしてフタにロック機能がついていることでした。

あとは子どもが好きな、恐竜のキャラクターだったことが決め手です。

食洗機使用不可なのが ちょっと残念ですが、パーツが少なく洗いやすいのでいまのところ満足しています。

vodaステンレスダイレクトボトル


voda ステンレス ワンタッチ ダイレクトボトル 600ML/ダイレクトボトル

容量 600ml
素材 内びん・胴部:ステンレス鋼
フタ・せん :ポリプロピレン
重さ 約425g(ポーチ含む)

キャラクターではない長く使えそうなデザインの直飲みボトル。

ロック機能がついているので、誤作動も防ぎ、こぼれる心配がありません。

メーカー直販なので、高性能ながらローコストなのが嬉しいですね。

ストロータイプ

サーモス 真空断熱 ステンレスマグ


サーモス ストロー 水筒 子供 350ml THERMOS ステンレス

容量 約355ml
素材 ステンレス

魔法瓶と同じ真空断熱なので、結露せずに12時間 冷たさをキープ。

ワンタッチで開け閉めでき、一体型のハンドル付きですが、紐は付けられないので斜め掛けはできません。

4つのパーツ(フタ・ストロー・吸い口・ボトル)は分解して洗えるので、衛生面でも安心です。

女の子用のデザインはこちら

コップ飲みと直飲みの2way

ポッチポチ自由が丘2wayボトル


『コアラ&パンダ&ペンギン』コップ&直飲みユニット付き 2WAYキッズボトル 600ml

容量 600ml
素材 本体(内側):ステンレス鋼
コップ・栓:ポリプロピレン
重さ 約415g

コップ飲み・直飲みができる便利な 2WAYタイプなので、年齢に合わせて変えられます。

注ぎ口はワンタッチで開閉できるので、小さいお子様も簡単。

ステンレスボトルなので保冷・保温機能もあり、口径が大きいので洗いやすく氷も入れやすいですよ。

ふわふわAir 2wayステンレスマグ


ふわふわAir こども水筒 450ml 2way直飲み コップ ステンレス 

容量 450ml
素材 本体:ステンレス鋼
コップ・栓:ポリプロピレン
重さ 285g

コップ飲み・直飲みができる便利な 2WAYタイプで、長い期間使用が可能です。

ステンレスにしては軽量の285gで、コンパクトサイズなので持ち運びもラクラク。

紐付きのポーチも付いているので、肩掛けも出来ますよ。

ハンナフラ


日本製 直飲みコップ付き水筒 子供 2WAYプラボトル 食洗機対応 500ml 

容量 500ml
素材 コップ・本体・中フタ・ベルト止め/ポリプロピレン(耐熱温度100℃)
重さ 155g

2wayタイプの プラスチック製のボトルです。

取っ手付きの飲みやすいコップが付きで、プッシュ式で開閉はラクラク。

ダイレクト飲み口でキャップを開けてすぐに飲めます。

着脱可能のショルダー紐が付きなうえ、食洗器で洗えるので助かります。

↓保育園のお弁当箱の大きさ(年齢別)の選び方!ご飯のみの場合は?↓

↓『保育園のリュックの大きさ・サイズの選び方』人気・おすすめ5選↓

最後に

暑い時期にはかかせない水筒選びは、園の方針を確認しながらじっくり選んでくださいね。

親御さん、子供さんどちらも、気に入っていただけるものが見つかれば幸いです。

楽しい園生活が送れますように♪

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。