サーティーン(日本版)ネタバレと第1話から最終回までのあらすじ

動画無料視聴

13年もの間、何者かによって誘拐・監禁されていた百合亜が、家族の元へ戻ってきた。最初は、百合亜が無事に生還したことに喜ぶ周囲の人々だったが、百合亜は不可解な行動をとり始め、殺人容疑までかけられることに。そんなスリリングな展開が話題となった日本版ドラマ『サーティーン』の第1話から最終回までのあらすじと結末のネタバレをご紹介いたします。

-Sponsored Link-

『サーティーン』相関図


-Sponsored Link-

『サーティーン』あらすじ

第1話「生還と軋轢」

13年間行方不明だった相川百合亜(桜庭ななみ)が保護された。「ずっと監禁されていた・・・」と刑事の永井(青柳翔)、佐緒里(遊井亮子)に訴えるが、詳細については口をつぐむ百合亜に警察は不審を抱く。一方、13年の間に崩壊していた相川家。母・麻美(板谷由夏)は百合亜のためにと、父・宗一(神保悟志)、妹・千帆(石川瑠華)に対し、昔のように仲のいい家族を演じてほしいと提案する。百合亜の生還により再び動き出した歯車・・・そして発生する第二の事件とは?
出展元:FOD公式サイト

第2話「隔絶と恋慕」

百合亜(桜庭ななみ)の住む隣町で8歳の少女が誘拐された。犯人らしき男が映った防犯カメラ映像に百合亜は反応、「カズキ」という名前を告げる。13年前の経緯を洗い直すうちに、永井(青柳翔)と佐緒里(遊井亮子)は百合亜の中学校の用務員だった黒川一樹(藤森慎吾)の存在にたどり着く。一方相川家では、麻美(板谷由夏)が百合亜のためにと手を尽くすが、百合亜は家族にも心を開かない。そんな折、かつての百合亜のボーイフレンド・渉(井上祐貴)が訪ねて来る。
出展元:FOD公式サイト

第3話「秘密と告白」

百合亜(桜庭ななみ)が監禁されていた部屋の地下から白骨死体が発見される。永井(青柳翔)と佐緒里(遊井亮子)は、状況から死体は一樹(藤森慎吾)の弟だと断定するが、調べに対し百合亜は反抗的な態度をとる。そのころ、一人秘密を抱えて葛藤する麻美(板谷由夏)のもとに一通の手紙が届く。それは、百合亜に宛てた一樹からのメッセージだった。百合亜と一樹、そして殺された弟との間に何があったのか?そして一樹の狙いは?百合亜の身に再び迫りつつある危機に、麻美はある行動に出る・・・
出展元:FOD公式サイト

最終回(第4話)

麻美(板谷由夏)が13年間隠していた秘密を受け入れ、ようやく心を開いた百合亜(桜庭ななみ)。そんな2人を一樹(藤森慎吾)からの電話が引き裂く。一樹は百合亜との再会が誘拐した少女を解放する条件だと告げる。麻美(板谷由夏)は反対するが、百合亜の決意は固まっていた。翌日、永井(青柳翔)からGPSを渡され、百合亜は一樹が待つ約束のショッピングモールに向かう・・・。百合亜は13年間にわたる悪夢を終わらせることができるのか?そして相川家の行く末は?
出展元:FOD公式サイト

以下からネタバレを含みますので、まだ作品を見ていない方や結末を知りたくない方はご注意下さい。



-Sponsored Link-

日本版『サーティーン』ここからが結末ネタバレ!

百合亜が監禁されていた部屋の地下から出てきたのは、一樹(藤森慎吾)の弟・ゆうきだった。

警察は、捜査に協力的でない百合亜が、ゆうきを殺害に関与しているのではと疑っていた。

警察の取り調べで何も話さない百合亜のもとに母親がやってきて、百合亜の担任と不倫していたことを打ち明けた。

母親の告白に、百合亜も口を開き始めた。

当時、母親と担任の仲を知っていた百合亜は、担任に「お母さんと別れて」と言いに行こうとしたところに、一樹に誘拐されたと言い出した。

それを知った母親は、家族への裏切りと百合亜への申し訳なさで涙を流した。

そして、百合亜はゆうきが亡くなった経緯も話し始めた。

誘拐当時、百合亜の寂しさをまぎらわせ、優しくしてくれたのが、一樹の弟・ゆうきだった。

ある日、見張り役だったゆうきの隙をついて逃げ出した百合亜だったが、すぐに一樹に見つかってしまった。

百合亜を逃がした ゆうきが、実は百合亜とデキているのではと疑った一樹は、ゆうきに暴力をふるった。

それから百合亜と一樹は、百合亜の誕生日のプレゼントを買うために出かけたが、帰宅すると ゆうきがグッタリしていた。

それを見た一樹は、百合亜に斧を渡し「ゆうきを楽にしてやれ。できなかったらお前も殺してやる。」「逃げたお前か、逃がした ゆうきどちらかが死ななきゃならないんだ」と言った。

百合亜は、意を決して斧を振り上げるも振り下ろすことができなかった。

すると突然、ゆうきが自ら、斧を取りあげ自分の首に当て、命を絶った。

ゆうきは、百合亜をかばってくれたのだった。

しかし、その一件で百合亜は罪の意識に苛まれ、ゆうきが亡くなった自分の誕生日が大嫌いになったという。

百合亜がゆうきの殺害事件について、話していたその頃、警察に一樹から「ぼくに、ゆりりんを返してくれませんか。」と電話が入った。

百合亜が電話に出ると、一樹は、「誘拐した麗花を返すかわりに、ゆりりんに会いたい」と言い、「一人で来なければ人質の麗花の命はない。」と言った。

そんな百合亜の元に不審な男性がやってきた。

それは、一樹に誘拐された麗花の父親だった。

麗花の父は、百合亜が犯人とグルで、有益な情報を隠しているのではと疑っていたのだ。

麗花を心配する父親をみて、百合亜は「私のように苦しむ女の子を見たくない。一樹に会いに行く。」と言い出した。

百合亜が麗花と引き換えに一樹と会う日がやってきた。

百合亜にはGPSがつけられ、永井や田辺をはじめ警察が見張ることになっている。

待ち合わせ場所に到着した百合亜だったが、一樹は時間になってもなかなか姿を現さない。

すると、どこからか破裂音が聞こえ、それと同時に百合亜が動き始め警察の死角に入ってしまった。

百合亜が向かったのは、昔 一樹と一緒に写真を撮った証明写真を撮影する場所だった。

すると、突然カーテンが開き、そこには一樹と怯える麗花が座っていた。

警察は、すぐに百合亜の後を追うも、証明写真の場所には麗花しか残されていなかった。

そんななか、永井が地下駐車場で一樹を見つけたが、棒のようなもので殴打され、二人を見失ってしまった。

百合亜の両親は、「あんたらが、大丈夫だって言うから、任せたのに!」と警察の失態に怒った。

警察は、一樹から解放された麗花に、一樹についての話を聞こうとするが、麗花の両親に反対されうまくいかない。

再び、一樹に監禁された百合亜は、椅子に拘束されていた。

一樹が、「ずっと会いたかった」というと百合亜は「私も会いたかった。家族も友人も戻ってきて嬉しいなんて言ってたけど口ばかり。私の居場所なんかなかった。もう逃げないから、縛っている紐をといてくれない?」と言うと、一樹は納得したように百合亜を自由にした。

すると、百合亜は一樹を油断させたところで、一樹のズボンのポケットから銃を奪い一樹に発砲した。しかし、それは おもちゃの銃だった…。

そんな百合亜を一樹は殴りつけた。

一方、永井は、百合亜の命が危険にさらされていると感じ、田辺の反対を押し切って、百合亜の家族と麗花の家に話を聞きに行った。

「お願いです。百合亜を助けて下さい。麗花さんの知ってる犯人の情報を教えてほしい。」と言う百合亜の家族の必死の願いに、父親は麗花を合わせることにした。

麗花は、一樹からの暴力のトラウマから口を開いてくれなかったが、東京スカイツリーと電車が窓から見える風景の絵を描いてくれた。

それを見て永井は、一樹の居場所の検討をつけた。

殴られた百合亜が意識を取り戻すと、一樹は「母さんは、ゆうきばかり可愛がり、ぼくは、子どもの頃から母親にかまってもらえず寂しかった。ゆりりんは初めて僕に優しくしてくれた女性だった。」と言った。

一樹は、百合亜の中学校で用務員として働いていた頃、手を怪我した一樹に絆創膏を巻いてくれた、優しかった百合亜を思い出していた。

すると外からパトカーのサイレンが聞こえてきた。

一樹は「楽しかったけど、もうおしまいだよ。」というと、百合亜も「私には、もうあなたしかいない。」と答えた。

一樹は練炭を用意し、手錠をかけられた百合亜とベッドに横たわった。

百合亜は「最後に、あなたと一つになりなたいの。」と言って、手錠を取ってもらうと、一樹を殴りつけた。

百合亜は部屋に閉じこもるも、一樹はナイフを持って追いかけてきた。

しばらくすると、ドアの向こうから音がしなくなった。一樹は練炭を炊いたせいで、意識を失っていたのだった。

監禁先から外に出られ裸足で歩いていた百合亜の元に、警察と百合亜の家族がやってきた。

そして父親、母親、妹、百合亜のみんなで抱き合った。

それから、しばらくたったある日ー。

百合亜27歳の誕生日を祝う、幸せそうな百合亜の家族がいた。

そして百合亜は、「ママやパパ、千帆のおかげで助かった。もう無くしたものを後悔しない。前を向いていきていく。」と言った。

END-

ここまでのあらすじ、ネタバレを読んで『サーティーン』を第1話から見たくた方もいるのではないでしょうか。

『サーティーン』は、朝ドラで注目された女優・桜庭ななみさんのシリアスな演技や犯人役の藤森慎吾さんの怪演も注目されました。

謎だらけのスリリングな展開は、ぜひ映像で見ることをオススメしたいです。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。