• HOME
  • ブログ
  • 洋画
  • 『ナイル殺人事件』相関図・キャスト・あらすじネタバレ2022版の結末

『ナイル殺人事件』相関図・キャスト・あらすじネタバレ2022版の結末

洋画

ケネス・ブラナーが演じた口ひげを生やした伝説の名探偵エルキュール・ポアロが、2022年『ナイル殺人事件』で戻ってきます。

エジプトのナイル川を下る華やかで豪華なクルーズ船で起こった、美しい女相続人の殺人事件。ひとクセもふたクセもある乗客たちは、みな容疑者…。いったい、殺人者の仮面をかぶった人物は誰なのかー。

そこで今回は、映画『ナイル殺人事件』をもっと楽しむため、キャスト・相関図・あらすじからネタバレまでご紹介いたします。

-Sponsored Link-

『ナイル殺人事件』キャスト一覧


エルキュール・ポアロ
演・ケネス・ブラナー
私立探偵。数々の難事件を鋭い洞察力と類まれなる頭脳で解決してきた名探偵。
リネット・リッジウェイ
演・ガル・ガドット
多額の遺産を相続した若き富豪。優雅で自信に満ちたアメリカ人。親友のジャクリーンの婚約者・サイモンを奪い結婚。財産があるせいで、誰も信じられなかったが、サイモンと出会い真実の愛を知った。ある晩何者かに殺されてしまう。

サイモン・ドイル

演・アーミー・ハマー
リネットの夫で、かつてリネットの親友ジャクリーンと婚約をしていた。

ジャクリーン・ベルフォール
演・エマ・マッキー
魅力的で才能あるリネットの親友。フランスの上流階級の生まれだが、貧しい幼少期を過ごす。サイモンの元婚約者だった。

サロメ・オッタボーン

演・ソフィー・オコネドー
華麗なる歌手。リネットとサイモンの結婚式で歌うために呼ばれたアメリカ人のジャズシンガー。ダイナミックな歌声で人々を魅了する。

ロザリー・オッタボーン

演・レティーシャ・ライト
シンガーであるサロメの姪。リネットの同級生。叔母のマネージャーをしながら世界を旅している。機知に富み、野心家でもある。

マリー・スカイラー

演・ジェニファー・ソーンダース
リネットの名付け親で後見人。自らも富豪であったが財産を放棄し、共産主義者として生きている。気性が激しく、虚弱体質。

バウァーズ

演・ドーン・フレンチ
スカイラーの看護師として常に彼女を支える。株の暴落により財産を失った過去がある。

ローズ・ブルージェ

演・ローズ・レスリー
リネットのメイド。リネットに献身的に尽くしながらも、自分の上流階級に入りたいと思っている。好きな人がいたがリネットにより破談させられる。

Dr.ヴィンドルシャム

演・ラッセル・ブランド
紳士的な貴族で、物柔らかな医師。かつてリネットと婚約していたが、いまは友人として結婚式に出席。

アンドリュー・ペニントン

演・アリ・ファザル
リネットの弁護士。リネットの従兄弟。

ダンサー
演・ニキータ・チャダ
ダンサー。

ムッシュブロンディン
演・リック・ウォーデン

ポーター
演・ナイアム・リンチ
女性ポーター。

ホテル管理者
演・リアノンクレメンツ
ホテルの管理者。

ユーフェミア・ブーク

演・アネット・ベニング
ブークの母親。画家。母親としてブークに干渉しすぎることも。ブークとロザリーの交際に反対している。

ブーク

演・トム・ベイトマン
鉄道会社の重役。ポアロの友人。ロザリーに恋をする。

-Sponsored Link-

『ナイル殺人事件』相関図

『ナイル殺人事件』あらすじ

「砂漠にはロマンスを誘惑する力があります。あなたは嫉妬にかられ、殺したいほど誰かを愛したことがありますかー。」

新婚旅行でエジプトにやってきた美しき大富豪の娘リネットと夫のサイモン・ドイルは、ナイル川をクルーズする豪華客船に乗り込んだ。

絵に描いたような美しいドイル夫妻と乗客たちは、広大な砂漠の景色と雄大なギザのピラミッドを観光や、船上のダンスパーティーを楽しんでいた。

その中には、リネットの友人で、サイモンの元婚約者のジャクリーンの姿もみえる。

友人・リネットに婚約者を奪われたジャクリーンは、嫉妬にかられ二人を追い回しているのだ。

そんななか、クルーズの船室でリネットが何者かに銃で撃たれ亡くなってしまう。

同じ船に乗っていた、名探偵・ポアロはすぐに捜査にとりかかるが…第2、第3の殺人事件が発生する。

おまけに、乗客全員がリネット殺害の動機を持つ容疑者だった。

愛と嫉妬、そして欲望にまみれたミステリーの結末はー。

『ナイル殺人事件』結末を簡単にネタバレ

『ナイル殺人事件』は、アガサクリスティーの1937年の同名小説に基づいて製作されております。

また、本作『ナイル殺人事件』は1978年にも映画化されており、2020年版も事件のトリックや犯人はそこまでの変化はありません。

リネットを殺す動機は、乗船したすべての登場人物にあります。

リネットの元婚約者で、表向きは友人に戻っているDr.ウィンドルシャム。

思いを寄せていた人との婚約をリネットに破談させられたメイドのローズ。

リネットの財産を管理しているが、いつ横領がバレるかドキドキしているアンドリュー。

事業に失敗して、大恐慌時代にリネットの父親によって資産を取られた看護師のバワーズ。

母親と縁を切ってでも、ロザリーと結婚したいが金がなく困っているブーク。

そして、愛する人を親友のリネットに略奪されたジャッキー。

一体、誰がどんな理由で、どのようなトリックを使ってリネットを葬ったのか?

以下、ネタバレとなりますので、知りたくない方はご注意下さい。

リネット、メイドのローズ、ブークを殺害したのは、 サイモン ジャクリーンの犯行でした。

二人は今でも愛し合っている恋人であり、リネットを亡き者にして遺産を手にいれようとしたのが動機でした。

リネットが殺害された夜、ジャッキーは絵の具を使って、サイモンの足を銃で撃ったように見せかけました。

ブークとロザリーが、取り乱したように演技したジャッキーを介抱したいる間に、サイモンは急いでリネットが眠る部屋に入り、射殺しました。

そして、ブークがウィンドルシャム卿を連れて戻ってくる前に、自分で自分の足を打ち抜いたのでした。

その時、銃の音をさせないためにマリー・ヴァン・スカイラーのスカーフを使いました。

しかし、犯行の一部始終をメイドのローズがみており、彼女が脅迫をしてきたため、ジャッキーは口封じのために殺害。

犯行を目撃し、ポアロに話そうとしたブークもジャッキーによって射殺されたのです。

また、ハンカチについたのは血だと思われていましたが、時間がたっても変色していなかったため絵の具だということがポアロによって指摘されました。

サイモンは、隠し持っていた銃をポワロに向けて逃げようとしましたが、すべての犯行が暴かれたジャッキーは、あきらめました。

そして、ジャッキーは銃口をポアロに向けたまま、サイモンにキス。

その隙に、サイモンと自分を銃で撃ち、心中したのでした。

『ナイル殺人事件』ネタバレ相関図

詳しいトリックに興味がある方は、以下のリンクをご覧ください。

1978年『ナイル殺人事件』相関図とあらすじ・結末ネタバレは⇒こちら

アガサ名作『死との約束』あらすじから結末ネタバレは⇒こちら

最後に

ガル・ガドット、レティーシャ・ライト、アーミー・ハマー、アネット・ベニング、アリ・ファザル、ソフィー・オコネド、トム・ベイトマン、エマ・マッキー、ドーン・フレンチ、ローズ・レスリー、ジェニファー・ソーンダース、ラッセル・ブランドなど、『オリエンタル急行殺人事件』に続き豪華なキャストが顔を揃えた『ナイル殺人事件』は、2022年2月全国にて公開中です。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。