『スタンドバイミードラえもん2』あらすじと結末ネタバレ

邦画

国民的アニメ「ドラえもん」3DCGアニメーション第2弾となる映画『スタンドバイミードラえもん2』。のび太がタイムマシンで、会いに行ったおばぁちゃんから「あんたのお嫁さんを一目見たい」と言われ、しずかちゃんとの結婚式を見せようとするが、のび太は結婚式当日にいなくなってしまう…。そんな涙と絆の物語を描いた『スタンドバイミードラえもん2』のあらすじと結末ネタバレをご紹介いたします。

-Sponsored Link-

『スタンドバイミードラえもん2』あらすじ

ある日、のび太は部屋で偶然、子どもの頃に大切にしていたクマのぬいぐるみを見つけた。それは、のび太が幼稚園の頃まで生きていた、おばぁちゃんの手作りの人形だった。のび太は、そのぬいぐるみを見たことで、優しかったおばぁちゃんとの出来事を次々に思い出し無償におばぁちゃんに会いたくなった。

そこで、ドラえもんにお願いして、タイムマシンを使い在りし日のおばぁちゃんに会いに行くことにした。

のび太が大きくなって未来から会いに来るという本来ならありえない状況でも、おばぁちゃんは、のび太がのび太であることを受け入れ話を聞いてくれた。そして、「ランドセルを背負ったのびちゃんを見て、おばぁちゃん、少し欲が出てきちゃった。 のびちゃんのお嫁さんを一目見たい。」と言った。

おばぁちゃんの願いを知ったのび太は、すぐに結婚するはずの静香ちゃんに会いにいこうとするが、タイムテレビで未来の映像を見ると、結婚式当日に姿を消したのび太に困っている静香ちゃんの姿があった。

このままでは、おばぁちゃんに未来のお嫁さんを会わせるどころか、静香ちゃんとの結婚も出来なくなると焦った、のび太とドラえもんは、未来ののび太を探しにいくために、再びタイムマシンに乗り込んだ。

-Sponsored Link-

『スタンドバイミードラえもん2』結末ネタバレ

未来にいったのび太とドラえもんだったが、大人ののび太は見当たらなかったため、子どもののび太が大人になって、結婚式に出席することになった。

しかし、見た目はごまかせても、中身は子どもののび太。新郎スピーチではうまく話せずに、式場を飛び出してしまう。

そして、また大人ののび太を探そうとするが、ドラえもんが秘密道具をメンテナンスのために部屋に忘れてきたことに気づく。そこで、タイムマシンにのって現在の部屋に戻ろうとするが、来た時にあったタイムマシンが無くなっていた。

しかし、タイムマシンを動かせるのは、のび太とドラえもんだけ。つまり、大人ののび太がタイムマシンを使って逃げ出したということだっだ。

タイムマシンもなくなり、現代に帰るひみつ道具もない、のび太とドラえもんは途方に暮れるが、タイムマシンに変わる道具「タマシイム・マシン」の存在をドラえもんが思い出し、今ののび太の魂を現在ののび太に乗り移らせて、タイムマシンに乗って戻ってくることを思いついた。

そして、魂になって未来からやって来たのび太は、現代ののび太にの中に乗り移り、無事にタイムマシンに乗って帰ることに成功。そしてドラえもんも、「たずね人ステッキ」を未来に持ってくることができた。

未来で「たずね人ステッキ」を使用すると、どうやら大人ののび太は現代にいるようだった。

のび太とドラえもんが、現代の部屋に帰ると、落ち込んで座り込む大人ののび太の姿があった。

静香ちゃんとの結婚式から逃げ出したのは、静香ちゃんを幸せにする自身がないこと、そして自分に同情して結婚を決めてしまった静香ちゃんに申し訳がないという理由からだった。

大人ののび太は、子どもの頃の自分に戻って、やり直したいといい「入れかえロープ」で、子どもののび太と大人ののび太の魂を入れ替えた。子どもに戻った大人ののび太は、ジャイアンとスネ夫を野球をしたり、ケンカしたり、子ども時代を懐かしみ、楽しんだ。

しかし、子どもなのに偉そうな態度をとる のび太は、中学生の不良から目をつけられしまう。とっさにのび太は、近くにあったバイクに乗り中学生から逃げ出すも、河原で捕まってしまう。

その頃、ドラえもんと大人になった子どもの のび太の元に未来デパートのセールスマン・ナカメグロがやってきた。実は試供品として渡した「入れかえロープ」に欠陥が見つかり、 1時間ほどで魂を戻さないと、意識がなくなり過去の記憶をすべて失ってしまうという。

ドラえもんと大人になった子どもの のび太は、すぐに子どもになった大人ののび太を探しに出かけた。

子どもの姿をした大人ののび太は、不良の中学生に殴られてしまうが、静香ちゃんが止めに入ってくれた。不良たちは「最近の小学生は生意気だな~」といいながら静香ちゃんに詰め寄るが、そこにジャイアンとスネ夫も現れ、みんなで不良たちを撃退した。

なんとか、助かったのび太だったが、「入れかえロープ」で魂を入れ替えて1時間以上たったため、子どもになった大人ののび太は気を失ってしまう。

ちょうどその時、ドラえもんと大人になった子どもののび太も、どこでもドアで河原にやってきた。

そして二人ののび太に「入れかえロープ」を握らせるが、時間が経ちすぎているためうまくいかない。ドラえもんは「のび太くん本当にこのままでいいの?静香ちゃんやジャイアン、スネ夫、僕との思い出を忘れちゃうよ。」と涙を流しながら必死で呼びかけた。

すると、二人の魂が動きはじめ、なんとかのび太たちは、元の姿に戻ることができた。

大人ののび太は、静香ちゃんの 「のび太さんは、そのままでいい。」という言葉を聞いて未来の結婚式に戻ることを決意する。

タイムマシンに乗り込んだ、ドラえもんと、子どもののび太と、大人ののび太は、ついでにのび太が誕生した日の様子をみに行くことに。

そこで、のび太たちが目にしたのは、のび太の誕生を喜ぶお父さんとお母さんと、おばぁちゃんが誕生祝にプレゼントしてくれたクマのぬいぐるみだった。そして、自分たちの名前が「のびのびと大きく育ってほしい」という願いを込めて付けられたことを知った。

結婚式の日に戻ってきた大人ののび太と、子どもののび太とドラえもん。

子どもののび太は、結婚指輪を大人ののび太に渡し、「ぼくたちは約束があるから、一人で結婚式会場に行ってね。」と言って去っていった。

大人ののび太は、ジャイアンがカラオケで場を繋ぐなか、新郎スピーチのため会場に戻ってきた。そして両親や静香ちゃんの両親、そして亡くなったおばぁちゃんに感謝の気持ちを伝え、自分も負けないように静香ちゃんと幸せな家庭を築くことを誓った。

ちょうどそのとき、大人ののび太は、木の影から、ドラえもんと子どもののび太に連れられた、おばあちゃんを見た。おばぁちゃんは、立派に成長したのび太と、素敵な姿の静香ちゃんを見て、涙を浮かべ嬉しそうにうなずいた。

静香ちゃんは、最初に結婚式に参加していたのは本物ののび太じゃなかったことを見抜いていたと話し、二人はもう一度指輪交換をした。その二人の傍らにあるウェルカムボードには、おばぁちゃんが作ったクマのぬいぐるみが見守るように座っていた。

のび太とドラえもんが、おばぁちゃんを過去に送り届けると、おばぁちゃんは「のびちゃんのお嫁さんが見れたことはもちろん嬉しいけど、 おばぁちゃんとの約束のために一生懸命がんばってくれた のびちゃんの成長が嬉しい。静香ちゃんは、のび太の本当の強さを好きになってくれたんだねぇ。」と言った。

そして、タイムマシンでの帰り道。叩かれると記憶を失ってしまうという「忘れん棒」がのび太の頭に当たってしまい、今日あった出来事をすべて忘れてしまうのび太だった。

前作『スタンドバイミードラえもん』あらすじと結末ネタバレは⇒こちら


-Sponsored Link-

『スタンドバイミードラえもん2』感想

前作が、期待以上におもしろかったので続編も見に行きましたが、良い意味でも悪い意味でも、のび太は成長していませんwww。またもやダメ男ぶりが、ふんだんに描かれています。

ですが、“ドラ泣き”と言うだけあって、おばぁちゃんとの思い出や、のび太の誕生のシーンなどは、自分の子ども時代や、自身の子供の誕生を思い出してウルッときてしまいました。

また、過去、現在、未来と行き来しているのび太やドラえもんの“しかけ”のようなシーンも盛り込まれ、大人も楽しめる作品になっていると思います。

残念だったのは、中学生の不良に絡まれるシーン。中学生が小学生を殴るのは、やっぱり見ていて気持ちがよくない。しかも思った以上に長い。ここは、子どもには、見せたくない親もいるんじゃないかなぁと気になりました。

そしてもう一つ、子どもののび太と大人ののび太が入れ替わるという部分を省いて、おばぁちゃんとのやりとりや思い出をもっと見たかったなぁと感じました。おばぁちゃんが登場するのは結局、最初と最後だけだったので。

ともあれ、のび太と静香ちゃんの結婚式が覗けたり、時間旅行ネタとしてSF的におもしろい部分があったりと、見どころもたくさん。声優を務めた、おばぁちゃんの宮本信子さん、大人ののび太の妻夫木聡さんの声もバッチリはまっていて良かったです。

涙だけでなく笑う部分も随所に散りばめられ、やっぱり『ドラえもん』は国民的アニメと呼ぶにふさわしいと感じました。

『STAND BY MEドラえもん』声優一覧は⇒こちら

最後に

『スタンドバイミードラえもん2』は、前作同様に笑って、泣けて、大人も子どもも一緒に楽しめる作品でした。

また、『スタンドバイミードラえもん2』には、きちんと原作が存在します。

【STAND BY MEドラえもん2原作】
「おばあちゃんのおもいで」(第4巻)

興味がある方は、ぜひ手にとってみて下さい。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。