『いつかまた逢える』最終回までのあらすじ・結末を相関図付きで

国内ドラマ

東京で再会した島根県出身の男女5人の切ない恋を描いた『いつかまた逢える』は、主演を福山雅治さん、ヒロインを桜井幸子さんが演じた「月9」ドラマです。そこで今回は、1995年に放送された『いつかまた逢える』のキャスト相関図と最終回までのあらすじ、結末を振り返ってみたいと思います。

-Sponsored Link-

『いつかまた逢える』キャスト一覧

紺野伸一福山雅治

小さな編集プロダクションの編集部で働く島根県出身の26歳。高校時代に2年後輩のつゆ美を密かに想っていた。友人の荒木の代理で見合いを断りに行くが、そこで つゆ美と再会し…。

城崎つゆ美桜井幸子

島根県出身。紺野や荒木の2年後輩のテニス部。上京し大手タイヤメーカーの広報に勤めている。高校時代は荒木に片想いをしており、彼に会いたくて同窓会にやってくる。紺野とは何でも話せるが、兄のように思っている。

荒木勝利椎名桔平

大手総合商社のエリート社員。高校時代は剣道部主将。つゆ美からの好意を感じながらも、つゆ美と同じ会社の先輩の恵子と関係を続けている。そんななか、開発プロジェクトで発生した事故の責任をとらされ…。

中田乾三今田耕司

紺野と幼なじみで高校時代は同じ剣道部に所属。5回転職の末に士服販売店に就職。大阪芸大出身で一度はあきらめた漫画家を目指すように。純子に恋をするが…。

今中純子大塚寧々

ラジオ局のアシスタントディレクター。高校時代は学級委員長で同窓会の連絡係を担当。島根にいた頃は眼鏡に三つ編みの地味な少女だったが、上京し見違えるほどの美人になる。プライドが高い。やがて紺野の好意を抱き…。

山科明美西田尚美

乾三の同僚で彼と交際中。乾三が純子に恋をしてから邪険に扱われるが、強い想いを彼にぶつけていく。

大沢恵子高島礼子

荒木が見合いをするはずだった相手。その後、荒木と割り切った大人の関係になる。つゆ美の荒木への気持ちを知りながら、彼女を言動を繰り返す。

-Sponsored Link-

『いつかまた逢える』相関図

※無断転載ご遠慮下さい。

『いつかまた逢える』1話~最終回までのあらすじ

1話「忘れていた想い」

伸一(福山雅治)は小さな編集プロダクションに勤めている。一流商社勤務の荒木(椎名桔平)、紳士服小売り店で働く乾三(今田耕司)とは、島根の高校で同級生だった親友同士で、上京後も三人はよく集まって飲んでいた。ある晩、伸一は荒木に頼まれ、上司に押し付けられた見合い相手を断ってくれと言われ、コンサート会場へ行く。そこには派手な格好の女が現れた。そして、「上司のすすめる顔も知らない人を相手にするな」と言って立ち去った。その顔を見て、高校の二年下のつゆ美(桜井幸子)ではないかと気付く。気付いた時彼女の姿はなかった。あの頃気にしていた女の子だったのだ。高校の同窓会が開かれ、伸一はつゆ美を探した。伸一は会場でつゆ美をが見つけるが、つゆ美もまた誰かを探している様子だった。その視線の先に荒木がいた。出展元:FODプレミアム

2話「それが恋の始まり」

乾三(今田耕司)は、キャンプを計画していた。先日、むりやり純子(大塚寧々)にキスをした乾三はそれを気にし、彼女をキャンプに連れて行って謝るつもりらしい。伸一(福山雅治)は乾三に頼まれ、純子にキャンプの話をするが、純子はキスのことなど、少しも気にしていなかった。つゆ美(桜井幸子)は、レストランで荒木(椎名桔平)と会うことになり、喜んでいたが、荒木は会社の部下を連れてきてしまい、つゆ美を怒らせてしまう。そんなつゆ美に荒木から、キャンプに行こうと電話が入る。伸一らはみんなでキャンプに出かけた。つゆ美は、荒木に高校時代一度だけ一緒に映画を見に行った事を話すが、彼は覚えていなかった。出展元:FODプレミアム

3話「思いがけない告白」

伸一(福山雅治)がマンションに帰ると、乾三(今田耕司)が勝手に入りこんでいた。乾三は純子(大塚寧々)の事で頭がいっぱいだ。つゆ美(桜井幸子)も、荒木(椎名桔平)の事で、一喜一憂している。そんな二人の相談相手になっているのが伸一だ。伸一は純子に、乾三を誘って食事に行こうと言うが、純子からは「あいつの顔を見ると腹が立つ」と言われてしまう。つゆ美は、荒木からの電話を待っていた。それを知った伸一は、つゆ美に電話をしてやれと荒木に話す。荒木は「遊び半分で振り回すわけにいかない」と悩んでいる。そんな荒木が、つゆ美に電話し、デートの約束をした。喜ぶつゆ美だが・・・。出展元:FODプレミアム

4話「君を忘れるために」

乾三(今田耕司)は純子(大塚寧々)のことで頭がいっぱいで、「俺と純子は可能性があるか」と伸一(福山雅治)に聞く。
伸一は酒を飲んだ時、純子から言われた「今日から始まる恋ってどうかな」の一言が引っかかっていた。純子がディレクターに昇進したお祝いをしようと、伸一、乾三、荒木、そしてつゆ美が集まったが、純子の様子がおかしい。その帰り荒木は「純子をあきらめた方がいい。純子は伸一が好きなのではないか」と乾三に話す。出展元:FODプレミアム

5話「ずっと好きだった」

伸一(福山雅治)に、転職話が持ち上がった。石浜産業がシンガポールで新しい開発プロジェクトを開始するので参加しないかとの誘いだった。伸一はこのことをつゆ美(桜井幸子)に話し、「純子(大塚寧々)にはまだ伝えていない」といった。つゆ美は「大事な人に一番最初に話した方がいい」と答える。伸一は久しぶりに純子に会うが、純子に「自分とつき合うと言った伸一の真意がわからない」と言われてしまい、転職の話は言い出せずに別れた。そんな純子に、つゆ美が伸一の転職の話をする。どうして話してくれなかったのかと純子は考えこんでしまう。伸一は石浜産業へ面接のため出かける。しかし、荒木(椎名桔平)が推薦したと知った伸一は・・・。出展元:FODプレミアム

6話「想い出にさよなら」

「高校時代、お前の事を好きだった」とつゆ美(桜井幸子)に告白した伸一(福山雅治)は、仕事に張り切りだした。そして、副編集長になることを承知した。いつもの橋の上で伸一とつゆ美が出会った。つゆ美はぎこちない。そして何か言いたそうだ。つゆ美が伸一のマンションに訪ねてきた。帰ろうとしたところへ純子(大塚寧々)が顔を出した。純子はつゆ美が気になる。そんな純子を「夏休みに一緒にどこかへ行こう」と伸一が誘う。つゆ美のところに荒木(椎名桔平)から夏休みに田舎に帰るという電話が入る。二人は一緒に帰ることになった。つゆ美は喜び、さっそく飛行機の搭乗券を買ったが・・・。出展元:FODプレミアム

7話「遅れてきた恋人」

つゆ美(桜井幸子)は、夏休みをとって荒木(椎名桔平)と共に故郷の島根に帰るつもりだったが、約束をすっぽかされてしまう。伸一(福山雅治)が、そんなつゆ美のことをいつも気にかけていることに純子(大塚寧々)は気付いていた。乾三(今田耕司)は明美(西田尚美)と産婦人科医へ行く。明美は妊娠していた。乾三(今田耕司)は頭がいたいと嘆く。つゆ美は荒木のとこをふっ切るため、自ら別れを切り出した。しかし荒木は・・・。出展元:FODプレミアム

8話「俺の叫びを聞け!」

伸一(福山雅治)はつゆ美(桜井幸子)といつもの橋の上で会った。つゆ美は荒木(椎名桔平)から何の連絡もないと話した。しかし、つゆ美は荒木の事が忘れられない。荒木からの留守電を聞き、つゆ美は荒木に電話をした。パーティーに行こうという荒木に「もう会わないと決めたのよ」とつゆ美はつっぱねた。一方、伸一、乾三(今田耕司)と会った荒木は「俺、つゆ美ちゃんが好きだ」と言う。伸一と荒木がにらみ合う。そんな伸一に「つゆ美ちゃんが好きなのか」と乾三が聞く。真一は「妹みたいに思っている」と答えた。翌日、伸一とつゆ美は野球を見に行く。つゆ美は荒木から言われたパーティーのことが気になっていた・・・。出展元:FODプレミアム

9話「君だけにこの歌を」

伸一(福山雅治)は、荒木(椎名桔平)のもとへ行こうとするつゆ美(桜井幸子)を思わず抱きしめ、制止した。つゆ美の気持ちは揺らいでいた。純子(大塚寧々)は、伸一の気持ちがどんどんつゆ美の方へ向かっているのを感じながら伸一と会っていた。伸一は純子の顔を見ると別れを切り出せない。伸一はつゆ美の避けられているのを感じながら、近所の縁日に誘った。しかし「もう会わないほうがいい」と言われてしまう・・・。出展元:FODプレミアム

10話「誰にも渡さない!」

伸一(福山雅治)がつゆ美(桜井幸子)に「俺のところへ来い」と言ったと聞いて、荒木(椎名桔平)は逆上して伸一を殴りつけた。
つゆ美は贈り主の名前のない誕生日プレゼントは荒木からだと気付いて心が揺らぐ。純子は伸一の気持ちが完全に自分から離れてしまったことに気付かないふりをして、伸一に「一分でいいから会って」と頼む。そして結局、伸一の部屋に泊まってしまうのだった。出展元:FODプレミアム

11話「君を信じたい!」

つゆ美(桜井幸子)は伸一(福山雅治)に、荒木(椎名桔平)とはもう会わないと約束をした。純子(大塚寧々)にもつゆ美は「紺野さんのことが好きです」と話すが、頬を叩かれてしまう。仕事で左遷され、荒れている荒木を心配した乾三(今田耕司)は、伸一に荒木を励ましてやれと言うが、伸一は取り合わない。しかし、荒木から「会社を辞めて田舎に帰る」という電話を受けた伸一は・・・。出展元:FODプレミアム

-Sponsored Link-

『いつかまた逢える』最終回の結末ネタバレ

12話(最終回)「あなただけを」

伸一(福山雅治)は、つゆ美(桜井幸子)の心の中に荒木(椎名桔平)がまだいることには気付いていたが、つゆ美を信じ「一緒に暮らさないか」と提案する。つゆ美は黙ってうなずいた。しかし、つゆ美は会社を辞めて故郷に帰るという荒木と会って心が揺れる。つゆ美は、部屋に手紙を残し、荒木のいる島根へ向かった。手紙を見た伸一もまた、つゆ美を追いかけ島根へ向かう。そして、帰りの飛行機の便名を告げ、空港で待っていることを伝える。つゆ美は・・・。出展元:FODプレミアム

島根に着いた伸一は、荒木につゆ美と会っていたことを問い詰めますが、荒木は「お前が彼女を迎えにきてくれて安心した」言って去っていきました。

一方、つゆ美は母校にいました。

「明日、帰ろうと思っていた。自分なりに考えたかった。」と話すつゆ美に、伸一は「俺たちが同じ答えを出したなら、明日 同じ飛行機で帰っているはず。」と帰りの飛行機の便名を告げました。

翌日、飛行場でつゆ美の前に現われたのは荒木でした。

荒木は伸一からの手紙をつゆ美に渡しました。

手紙には..

もしかすると間違っているかもしれない。なりふり構わず空港に駆け出していれば、案外何事もなかったかのように、上手くやっていけるかもしれない。けど、それが二人にとって良いことか分からない。ここで俺は一人になることを選ぶ。ささやかな俺のプライドだ。絶対に連れ戻す気で来たから、一人で帰ることは予定外だ。誰かに手紙を書くことも初めてのことだ。そして、こんなに誰かを好きになったのも初めてだった。追伸:城崎。悔いのない恋愛をしろよ!いつかまた逢おうな。

と、伸一の正直な気持ちが綴られていました。

手紙を読み終えた、つゆ美は溢れる涙を止めることができませんでした。

伸一も、電車で島根を出発しましたが、車内でつゆ美とのこれまでの出来事を思い出し、涙を流しました。

一年後ー。

乾三と明美は結婚し、純子は忙しく仕事をしています。

伸一は、相変わらず小さな編集部で働き、荒木は東京で新たな仕事に就いて、つゆ美と復縁していました。-END-

『いつかまた逢える』感想

上京した若者の恋愛群像劇を描いた『いつかまた逢える』は、男女逆転版の『東京ラブストーリー』とも言われていますね。

福山雅治さんは、本作で初主演。

「好きなら頑張れよ」「悔いのない恋愛しろよ!」など、この頃から福山節がさく裂していますが、端正なマスクのおかげで嫌味がまったくありません。

荒木の「俺、仕事できるけど、女できるのも早いよ」とサラッと言えるのもスゴイですがwww。

また、最終回でサザンが歌う「あなただけを 〜Summer Heartbreak〜」わバックに、福山さん演じる伸一が号泣するシーンも印象的です。

男性が、失恋して人目をはばからず長々と泣いていると、なんか女々しい感じがしますが、そこは福山雅治。

くしゃくしゃになっても泣き顔がお美しい…。つゆ美の幸せを願う気持ちと後悔が入り混じっている感情をうまく表現していて、ジーンとしました。

他のキャストで言えば、今でもネタにされますが、キスした後にダッシュで逃げる今ちゃんが、めちゃくちゃ面白いです。

儚い演技と透明感のある存在の桜井幸子さんは、1990年代から『高校教師』『未成年』『Dr.コトー診療所』などに出演し、引っ張りだこでしたね。

フジテレビのポップなドラマのなかに、桜井さんが一人いるだけで野島テイストがプンプンして、破滅的なラストを期待してしまう自分がいました。

やっぱり桜井幸子さんは、普通のドラマには収まらない幸薄女優の代表!

ちょっと配役に違和感はありましたが、『ホタルノヒカリ』シリーズ、朝ドラ『スカーレット』の脚本を手掛けた水橋文美江さんの丁寧なストーリーのおかげで良作に仕上がっています。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。