【アラジン】アニメ日本語吹き替え声優一覧!(日本語版・英語版)

ディズニー

1992年に公開されたディズニーアニメ『アラジン』。

貧しくても純粋な心を持った青年アラジンと、優しさと勇気を併せ持つ美しい王女ジャスミン、ジーニーなど個性豊かなキャラクターが繰り広げる冒険と愛のストーリーです。

また、魔法の絨毯で世界中を旅するシーンで流れる曲『ホール・ニュー・ワールド』は、アカデミー歌曲賞を受賞し日本でも大ヒットしましたね。

ここでは、アニメ『アラジン』の豪華声優の日本語・英語吹き替え声優を一覧にしてまとめてみました。

Sponsored Link

アニメ【アラジン】日本語吹き替え声優一覧!日本語版・英語版

ディズニーアニメ『アラジン』の日本語・英語吹き替え声優をご紹介いたします。

キャラクター 日本語版 英語版
アラジン 羽賀研二(1993) スコット・ウェインガー
三木眞一郎(2008)
歌:石井一孝 歌:ブラッド・ケイン
ジャスミン 麻生かほ里 リンダ・ラーキン
歌:リア・サロンガ
ジーニー 山寺宏一 ロビン・ウィリアムズ
ジャファー 宝田明 ジョナサン・フリーマン
イアーゴ 神谷明 ギルバート・ゴットフリード
サルタン あずさ欣平 ダグラス・シール
アブー 英語版そのまま フランク・ウェルカー
ラジャー 英語版そのまま フランク・ウェルカー
不思議の洞窟 飯塚昭三 フランク・ウェルカー
アクメット王子 安原義人 コーリー・バートン
行商人・ペドラー 松尾貴 ロビン・ウィリアムズ
歌:三浦慎也 歌:ブルース・アドラー

ディズニー最新作『アラジン』実写版の、吹き替え声優は、以下の記事にまとめていますので、ご覧ください。

アラジンの声は羽賀研二さんだった!

1993年にアニメ『アラジン』が公開され日本語吹き替え版では、アラジンの声を羽賀研二さんが担当していました。

「笑っていいとも!」の初代いいとも青年隊として有名になり、爽やかでヤンチャそして、端正な顔立ちから“アラジン”のイメージにピッタリと評価も高いものでした。

ほんと羽賀さんのアラジンは爽やかで初々しくて、素敵だったんですよ~。

しかし、 羽賀さんは2007年に刑事事件で逮捕され、実刑判決を受けてしまいました。もったいない・・・。

これをきっかけに、 2008年以降はアラジンの声を「銀魂」の声優で知られる三木眞一郎さんが担当し、歌は、そのままミュージカル俳優の石井一孝さんが歌っています。

つまり、日本語吹き替えのアラジンの声は3人いたということになります。

アニメ版『アラジン』の歌はうまさは、二の次だった?!

アニメ版『アラジン』は、セリフと歌を担当した声優が違っているのも特徴の一つです。

それは、ロビンウィリアムズの演技があまりにもインパクトがあるため、歌唱力よりもロビン演じる“ジーニー”に負けないようなパワフルな声優が求められました。

そのため、歌唱力は二の次で採用されたため、急遽、歌のパートは別の声優に歌わせたそうです。

その流れから、日本語吹き替えも、セリフと歌が別の声優で演じられているキャラクターがあるのです。

ジーニーと行商人は同一人物!

ジーニーの英語版の声はロビン・ウィリアムスですが、彼は行商人・ペドラーの声も担当しています。

それにはワケがあって、 物語の進行役をつとめる“行商人・ペドラー”は、実はランプの魔人“ジーニー”が変装した姿だったのです。

これは、監督のジョン・マスカー氏とロン・クレメンツ氏も認めており、最後には種明かしする予定だったそうですが、編集の関係でカットされたそうです。

二人のキャラクターが、どちらも4本指であることからも、同一人物であることがうかがえます。

それは、日本語版でも同じで、ジーニーと行商人は、山寺宏一さんがつとめています。

ちなみに、山寺さんは、実写版でもジーニーを担当しています。

アブー(猿)・ラジャー(虎)・不思議の洞窟は“声優神”が担当

アラジンの相棒の猿“アブー”、ジャスミンのペットの虎“ラジャー”、そして虎の顔をした“不思議の洞窟”の声は、英語版・日本語版ともに、フランクウェルカーさんが担当しています。

フランクさんは、アメリカでは“声優神”として親しまれ、 日本では『おさるのジョージ』のジョージ役としても知られています。

私は、ジョージの声って本当の猿の声を使用しているのかと思っていました・・・・フランクさんすごい!

そして、実写版でもアブーと不思議の洞窟の声を担当しています。

-Sponsored Link-

アラジン・ジャスミン・ジーニーのモデルはハリウッドスター?!

ここからは、アラジン・ジャスミン・ランプの魔人ジーニーのキャラクターモデルについてまとめてみました。

3人とも有名なハリウッドスターがモデルになっているんですよ。

アラジンのモデルはトム・クルーズ

アラジンのモデルは当初はマイケル・J・フォックスだったのですが、少し子供っぽいとの理由で、

映画プロデューサーが映画『トップガン』のトム・クルーズをベースにつくりあげよう!と提案し採用されたようです。

若い頃のトム・クルーズは、アラジンと同じく爽やかな好青年そのものですよね。

ジャスミンのモデルはジェニファー・コネリー

ジャスミンのモデルは、映画『ビューティフル・マインド』でアカデミー助演女優賞を受賞したり、ピープル誌などの「世界で最も美しい50人」にも選ばれたジェニファー・コネリーさん。

艶やかな黒髪とエキゾチックな顔立ちは、ジャスミンに似ていますね。

しかし、ジェニファー・コネリーさんは、母方の祖父母からはロシア人、ユダヤ人およびポーランド人、父方の祖父母からはアイルランド人、ノルウェー人の血を引いいていますが、 アラビア系の血は引いていないそうです。

また、ジャスミンのモデルはアニメーター“マーク・ヘン”の妹の卒業アルバムに写っていた女性や、フロリダのディズニーワールドのスタジオの窓から見えたセクシーな女性も参考にしたと明かしています。

ジーニーは容姿もロビン・ウィリアムズさんがモデル

アニメ『アラジン』で主役級の存在感があるジーニーの声を担当したロビン・ウィリアムズさん。

ジーニーの畳かけるような、マシンガントークはウィリアムズさんのアドリブで、それは、スーツケースの中から次から次へと服を取り出すような即興だったそうです。

ジーニー最初の設定は、あんなにハイテンションではなかったのですが、あまりにもウィリアムズさん演技が、すごかったため設定を後から変更させ出演時間も延ばされました。

ウィリアムズさんは、 一時、ディズニーとの契約の行き違いから声優を降板していましたが、後に和解して復帰しています。

ですので、『アラジンジャファーの逆襲』では、ダン・カステラさんという方が担当しているのです。

『アラジン』のヒットは、ジーニーのマシンガントークがあってこそだと思うので、今は亡きウィリアムズさんの功績は大きいですね。

アラジンのテレビ放送を見逃した方は、動画をフルでみる方法をまとめていますので、以下の記事を参考にしてみて下さい。

まとめ

現在でも『アラジン』はディズニーの中でも、トップクラスの人気を誇るアニメです。

それだけに、2019年公開の『アラジン』実写版は、アニメの声優のキャラクターを超えられるかという期待がかかっています。

まずはアニメ『アラジン』で予習して、その世界観を楽しんでみましょう。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。