• HOME
  • ブログ
  • 朝ドラ
  • スカーレット結婚相手ネタバレ!十代田八郎との出会いからゴールインまで!

スカーレット結婚相手ネタバレ!十代田八郎との出会いからゴールインまで!

朝ドラ

『スカーレット』のヒロイン喜美子の結婚相手が、誰になるのか気になりませんか。

この記事では、喜美子の結婚相手の出会いから馴れ初めまでをネタバレしたいと思います。

Sponsored Link

『スカーレット』喜美子の結婚相手は十代田八郎

ヒロイン喜美子の結婚相手は、 十代田八郎(そよだ・はちろう)という人物です。

喜美子の激動の人生を一緒に歩む十代田八郎の役どころをご紹介します。

まずは喜美子が信楽焼きに戻り、丸熊陶業で働くようになったからのお話です・・・。

結婚相手・十代田八郎の役どころ

十代田八郎は、大阪出身で両親を早くに亡くし、京都の美術大学へ進学。

美大で陶芸に魅せられ、陶芸家として独立するために、丸熊陶業の商品開発部に配属され働き始めます。

喜美子が行きたかった美術学校出身や陶芸への情熱という共通点が、運命的なものを感じてしまいますね。

八郎は、一人前の陶芸家になるため、仕事の始まる前と終わった後に練習をするほど真面目な性格の持ち主。

その真面目さゆえ、「付き合うなら結婚前提に」という考えを持っており、喜美子を困惑させます。

↓『スカーレット』のキャスト一覧コチラ

十代田八郎を演じるのは松下洸平

喜美子の結婚相手・十代田八郎を演じるのは俳優の 松下洸平さん。

舞台『母と暮せば』で数々の賞を受賞した俳優さんで、ドラマにも出演していますが、メインキャストでしかも朝ドラは初出演。

ちなみに本作で、喜美子の母・まつを演じる富田靖子さんとも共演しています。

松下さんは俳優業意外にも、歌やイラストも得意というマルチな才能もあり、芸術に触れてきた経験を生かして陶工・十代田八郎を魅力的に演じてくれそうです。

松下さんの詳しいプロフィールはコチラ


-Sponsored Link-

『スカーレット』結婚までのネタバレ!

ここからは、喜美子と八郎の結婚までの ネタバレです。

喜美子が八郎を意識

ある日喜美子が試作品で作った火鉢を八郎に見せると、「愛おしい」と言うのです。

喜美子自身も火鉢を「愛おしい」と感じていたので、同じ感覚を持つ八郎が気になり始めます。

結婚への温度差

八郎が、喜美子のデザインした火鉢を褒めた出来事により、急速に距離を縮めていく二人。

そんなある日、朝夕に八郎が練習している陶芸作業を喜美子が見たいと言いだしますが、「一つの部屋で男女が過ごすことはいけないのでは」と八郎は渋ります。

二人が進展することに臆病になる八郎に、イラついた喜美子は「ほな、付き合ったらええやん」と切り出します。

酒田圭介(溝端淳平)への恋の経験から、大胆になる喜美子(笑)。

しかし八郎は「付き合うなら結婚を前提に。」と言い出し、喜美子は、「うちはまだ結婚したくない。」と答えます。

喜美子が結婚を躊躇してしまう理由は、草間(佐藤隆太)にありました。

草間と妻の切ない別れから、男女が一生添い遂げる難しさを知ってしまったからです。

この一件で、八郎と喜美子の恋は、頓挫してしまいます。

お見合い大作戦

そんな中、役場に勤める大野信作(林遣都)が信楽に住む若い男女を集めて、「お見合い大作戦」を企画します。

喜美子も呆れて信作に文句を言いにいきますが、逆に「マスコットガール」を押し付けられ、八郎も頼まれて参加することになりました。

「お見合い作戦」の当日に、喜美子が持つ信楽焼きのかけらを見にきた八郎は、喜美子に「お見合いにいってくる」といって去っていきます。

そんな様子に気づいた母・マツ(富田靖子)は、八郎を追いかけるように喜美子にうながします。

そして 「いかんといて!うちあんんたのこと好きやねん。」と八郎に思いを告げます。

結婚を躊躇する理由(草間の話)を八郎に打ち明け、「つないだ手を一生つなぎ続けることは難しい」と言います。

喜美子の思いを聞いて八郎は「僕はつないだ手は一生離さない」と抱き寄せ、二人は結婚への意思を固めるのでした。

八郎のこれ以上ない最高のプロポーズに、女性視聴者はメロメロになりましたが、父の常治の登場で急にコメディタッチに(笑)。

父への報告

二人の交際に周囲の人は賛成し応援してくれますが、一人反対する人物がいました。

喜美子の父・川原常治(北村一輝)です。

常治は「どこの馬の骨とも分からんやつと誰が結婚さすか!」と怒り心頭です。THE昭和の親父(笑)。

結婚を許してもらえず落ち込む喜美子でしたが、八郎は「一緒に頭を下げよう」と言い、七度も足を運びますが無駄足に終わってしまいます。

そんなある日、川原家に毎日訪ねてくる八郎も来ず、喜美子が帰ってきません。

常治は「結婚を許さないから、二人は駆け落ちしたのでは・・・」と心配しはじめソワソワします。

そんな中、喜美子が八郎に付き添われて帰宅しました。

喜美子は、産気づいた照子(大島優子)に付き添っていたのでした。

(照子ちゃん結婚して妊娠していたのですね~)

↓照子の夫はこちら↓

八郎が、早くに親を亡くし苦労して美大を卒業したという話をきいていくうち、「なかなか骨のある男だ」と思う常治でしたが、「陶芸家として独立したい」という浮ついた夢には反対でした。

結婚するなら「丸熊陶業を辞めないと約束してほしい。」と言い、親心も分かる八郎は「丸熊陶業を辞めることはしません」と答えます。

しかし、喜美子はこの条件に反発 「二人でもう同じ夢を見てる。うちがこの人を支えます。」と宣言します。

常治はそれなら、「賞をとってみい。受賞祝いと結婚祝い両方してやる」と言い放ちます。

陶芸展出品の準備

陶芸の出品期限がせまるなか、大野(マギー)からコーヒーカップの制作依頼を受けることになった八郎。

しかし、陶芸の出品作品がまだ完成していないことを心配した喜美子は、八郎の代わりに自分がコーヒーカップを作ることにします。

そのことを八郎も受け入れ、徹夜でコーヒーカップを完成させます、

初めての陶芸の経験に感動する喜美子は、同時に八郎の結婚後の生活に夢を膨らませます。

そして無事のコーヒーカップも納品し、八郎も陶芸作品を完成させるのでした。

二人の陶芸家の転機

陶芸展発表の当日に照子(大島優子)が八郎に結果を伝えにきます。

結果は・・・八郎はみごと賞を獲得したのです。

そんな中、八郎を訪ねて大阪からある人物がやってきます。

一方、大野が営む、喫茶「SUNNY」の客が喜美子の作ったコーヒーカップを気に入ったと連絡が入ります。

すこし話の前後があるかもしれませんが、結婚までの流れはこの様になっていきます。

このプロポーズから常治に結婚の許しをもらう週は、キュンキュンしそうですね!

こんな幸せそうな喜美子と八郎ですが、実話(実在モデル)では離婚してしまうようです・・・。

実在する人物だけに、離婚までの経緯などをそのまま描くかどうかは分かりませんが気になる方は以下の記事をご覧ください。

↓十和田八郎の実在モデルはコチラ

最後に

喜美子と八郎との恋はドラマティックではありませんが、『スカーレット』らしい素朴で温かい物語となりそうですね。

結婚した後は、二人で切磋琢磨しながら自然釉信楽焼への実現にまい進してくのです。

そして子供も生まれますが・・・そこにもまた試練が降りかかります。

今後の展開からも目が離せない『スカーレット』をお楽しみに。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。