『石田さんち』家族構成&家系図【最新版】長女・三男・末っ子・嫁・子供の現在は?

メディア

密着取材24年目に突入し、日本で一番有名な大家族と言える『石田さんチ』。直近では、問題児だった末っ子の隼司くんが結婚し、父親になった様子が放送され大反響でしたね。そこで今回は、最新版の放送を踏まえて『石田さんチの大家族』の2022年現在の家系図から家族構成をおさらいしてみたいと思います。

-Sponsored Link-

『石田さんちの大家族』2022年の家系図

『石田さんチ』家系図

茨城県常総市に住んでいる『石田さんチ』は、結婚したり、就職して家を出てしまった子どももいますが、もともとは 11人の大家族

父・晃(あきら)さんと母・千恵子(ちえこ)さんは、25歳のときに結婚され7男2女を授かりました。

晃さんも千恵子さんも、子どもが多いので結婚した年齢が低いかと思っていましたが、世代的には 平均初婚年齢24~26歳なので、特別若くして結婚した訳ではありません。

子どもたちの年齢は、ひとつ違いの 年子から2歳差が多く、六男・有志くんと七男・隼司くんだけが3歳差となっています。

長女・奈緒子さんと七男・隼司くんの年齢差は18歳差で、母・千恵子さんが末っ子の隼司くんを出産したのは、42歳と高齢出産でした。

既婚者は、長男・孝之さん、次男・和寛さん、七男・隼司くんの3人で、長女・奈緒子さんは結婚しているという情報もありますが、番組では明かされていません。

『石田さんち』家族構成!長女・三男・末っ子・嫁・子供の現在

石田 晃(いしだあきら)

生年月日1954年3月19日
年齢67歳
職業美容室の顧問

山形県鶴岡市生まれの石田家の“お父ちゃん”こと晃さんは、1973年に上京し東京の美容専門学校を卒業。

4年間の美容室勤務を経て、1977年に外資系企業王手のロレアル株式会社に入社。凄腕営業マンとして会社に貢献し、東日本営業本部長をまで登りつめました。

美容専門学校の同級生だった 妻・千恵子さんとは、1979年にお互い 25歳のときに結婚

給料日には分厚い札束の入った封筒を、妻・千恵子さんに手渡す姿が印象的でした。

冗談好きで、千恵子さんとの夫婦漫才のようなやりとりでファンを楽しませてくれました。

2015年にロレアルを定年退職したあとは、これまでの実績を買われ、 東京ベイビューティーモードカレッジの校長に就任しますが、学校側の経営不振で辞任。

同じ年には、大雨が茨城県を襲い、家の1階部分が浸水。

退職金から700万をかけて家を修復するという不幸に見舞われました。

さらに健康面では、年齢を重ねるにつれ肥満体型となり、一時は脳梗塞で倒れ入院したり、上下の前歯がごっそり抜け、入れ歯となりました。

この頃から愚痴っぽくなり、「お前に、サラリーマンの苦しさ分かるか!のほほんと生活してきやがって。」とお母ちゃんの八つ当たりするようになり、離婚するのではないかとハラハラさせられました。

現在は、美容業界のノウハウと人を惹きつける話術で、美容室の顧問をしたり、日本一有名な大家族の家長として講演会を行うなど、日本中を駆け回っています。

千恵子さんとは、みさ子おばあちゃんの介護をキッカケに円満別居中ですが、年に数回のイベントのときには顔を合わせています。

千恵子(ちえこ)

生年月日1954年3月14日
年齢67歳
職業専業主婦

1954年に茨城県に誕生した千恵子さんは、東京公衆衛生技術学校を卒業後、インターンを経て1974年に美容師資格取得しました。

若い頃の写真を拝見すると、茶髪でタバコをふかし、浜崎あゆみ似の可愛らしいお顔立ちで、モテモテだったそう。

とうじから、歌手の松山千春さんの大ファンで、コンサートにも足を運んでいました。

1979年、25歳のときには、専門学校時代の同級生だった晃さんと結婚。

結婚当初は、子ども二人くらい産んだら美容師に復帰しようと思っていたそうですが、あれよあれよという間に子どもが産まれ…気がついたら9人に増えていたそうですwww。

子どもが、下は1歳、上は高校3年生の頃には、洗濯物は1日35kg、1日に炊くお米は2キロ、牛乳は1週間で20リットル飲み干していたそうなので、とても働ける状況ではないですね。

地元では新聞に取り上げられるなど、そこそこ有名だった『石田さんチ』。

日本テレビの取材を受けるにあたって、千恵子さんは「ウチを取材するなら、 子育ても一緒にするのよ!」とスタッフに凄んだそうです。さすが…。

忙しいお父ちゃんに代わり、ワンオペ育児に奮闘してきたお母ちゃんも、末っ子の隼司くんが就職したことで、子育てがひと段落。

やっと一人時間を満喫できると思いきや、自身の母親である、みさ子おばぁちゃんが痴呆となり介護が必要になり、愛犬のリンを連れて、水海道の実家で同居することになりました。

現在は、みさ子ばあちゃんを特別老人ホームに預けているので、少し余裕もでき、趣味のフラダンスとガーデニングを楽しんでいます。

長女奈緒子(なおこ)

生年月日1979年11月4日
年齢42歳
職業以前はチョコレート工場勤務

幼い頃から両親に迷惑をかけることなく順調に育ち、姉弟の面倒をみるしっかり者だった長女の奈緒子さん。

2010年ごろまでは、番組に登場していたのですが、ぱったり姿を見せなくなりました。

地元の栄養専門学校に進学しましたが、栄養士にはならず地元の携帯ショップに勤務。

その後、コーヒーで有名な会社ネスレのチョコレート工場で働くため、実家を出て独り暮らしを開始したところまでは知られています。

現在は、結婚して埼玉県に住んでいるという情報もあります。

もしかしたら、お相手の方や義理家族に配慮して、テレビ出演を控えているのかもしれませんね。

一方で、2015年の鬼怒川大洪水のときには心配した奈緒子さんが実家の片付けを手伝いにきたと、番組で明かされていました。

今でも、優しく、しっかり者の奈緒子さんに変わりはないようで、安心しました。

長男孝之(たかゆき)

生年月日1981年5月31日
年齢40歳
職業鉄道制御のプログラミング

冗談好きで、最近ますますお父ちゃんに似てきたのが長男の孝之さん。

ケンカの絶えない両親の仲を取り持ったり、グレる兄弟に説教したりと面倒見が良く、弟たちからは“ターキー”と呼ばれ頼りにされています。

そういえば昔から、弟たちをトイレに連れていったり、歯磨きを手伝ったりしてましたね~。

孝之さんは勉強もできたので、国立茨城大学に進学。

卒業後は、日立情報制御ソリューションズに就職し、鉄道制御のシステムエンジニアとして16年勤務しています。

私生活では花屋でバイト仲間だった洋子さんと25歳で結婚し、一人娘・ほのかちゃんと茨城県の東海村の持ち家で暮らしをしています。

さすが、長男!堅実な人生を歩んでいますね。

妻の洋子さんは控え目な性格ながら、「母の日」や「誕生日」には、お母ちゃんに花のプレゼントをかかさない気が利く女性。

また、12歳になる愛娘・ほのかちゃんは、お年頃ということもあり、孝之さんをウザがる姿も見せています。

趣味はメダカの飼育で、専門雑誌に顔写真付きで紹介されたこともあるんですよ。

次女芽衣子(めいこ)

生年月日1982年12月28日
年齢38歳
職業市役所職員

独身で、子どもたちのなかでは一人だけ実家でお父ちゃんと暮らしているのが次女の芽衣子さん。

性別は違いますが、お顔は末っ子の隼司くんに似ています。

市の教育委員会にアルバイトとして勤務し、12年間 朝8:30に家を出て、定時キッカリに帰宅するという生活スタイルを変えず現在に至ります。

猫のニーナちゃんを溺愛し、晩酌しながらネット動画を見るのが至福のとき。

恋人はおろか男性にも興味がなく、独身生活を謳歌中。

料理や掃除はあまりしないようですが、町内の清掃などに出席してくれたりと、芽衣子さんがいてくれるおかげで、助かっている部分も多いとか。

お父ちゃんも「最後の骨は、芽衣子に拾ってもらう。墓は頼む。」と明かしており、心の内では頼りにしているのでしょう。

『石田さんち』芽衣子はこじらせ女子!伝説のヨーグルト事件は⇒こちら

次男和寛(かずひろ)

生年月日1984年1月17日
年齢36歳
職業自衛隊員

高校卒業後すぐに自衛隊に入隊し、兄弟のなかで人一倍、自立心の高く、真面目だった和寛さん。

自衛隊という仕事がらテレビ出演は控えているようですが、2011年に千葉県木更津市の木更津駐屯地、階級三曹として勤務している頃に、お母ちゃんが職場を訪ねるシーンが放送されました。

自衛隊に入隊して間もなくの頃、高校の同級生と結婚しましたが、結婚したことも子供がいることも事後報告したということで、お父ちゃんが激怒

その後、長男・孝之さんが仲を取り持ち、お披露目会を開いてくれたおかげで、お父ちゃんとの関係も修復しています。

和寛さんには、子供が二人(一男・一女)いるようですが、出演されないので名前や年齢などは不明です。

しかし、2019年に晃さんが「孝之や 和寛がいないと間がもたないな。」と話していたので、今でもたまに会っていることは確かです。

三男光央(みつお)

生年月日1986年4月26日
年齢34歳
職業不明

小さい頃からやんちゃで、イケメンだと女性ファンも多かった三男の光央くんですが、なぜか2011年1月の新春スペシャルより登場していません。

高校生の頃にはスタッフにリモコンを投げつけ、サングラスをかけ、髪を染めるなど、分かりやすくグレた光央くんでしたが、高校卒業後は上京し、日本工学院八王子専門学校へ進学。

パチンコに明け暮れ、約200万円もの借金をつくってしまうことも!お母ちゃんからは「日本から出ていけ!」と叱られたこともありますが、そこから軌道修正。

道にそれることなく無事に、ヌーベルバークというテレビ制作会社に入社します。

しかし、日本テレビの番組「ZIP」「ヒルナンデス」「さんま御殿」「イッテQ」などでカメラマンとして、早朝3時から深夜まで働くという激務が続いたため、入社から3年後の25歳に退職。

2011年の放送中には、7才年上のまみさんという彼女の存在も明らかにし、ノロけてていたもの次の放送から突然 番組に出演しなくなりました。

仕事を辞めたタイミングで登場しなくなったことから、「トラブルに巻き込まれた?」「ホストになってる?」などの噂も出ていますが、デマのようです。

番組最後の出演回で、光央きんがが孝之さんに「大見栄きったからには、結果出さないと。」と言っていたので、良い報告が出来るようになれば、実家に顔を出し、番組にも再登場するかもしれませんね。

石田さんチのイケメン過ぎる兄弟ランキングは⇒こちら

四男智広(ちひろ)

生年月日1988年1月25日
年齢32歳
職業製鉄所作業員

『石田さんチ』のお笑い担当こと四男の智広くんは、ひょうきんで、お父ちゃんも一目置くセンスの持ち主。

お母ちゃんが夏休みの宿題で、習字のお手本を書いてくれているときに、ビニール袋を被り、脱げなくなって頭をどつかれる映像は永久保存版です。

仕事ぶりはいたって真面目で、日本中で使われる鉄筋の製造を行う会社で、製鉄作業員として16年勤務。会社のナンバー3にまで昇進していまふ。

智広くんが、お父ちゃんや孝之くんと絡むだけで、コントのようなやりとりが成立するので、毎回、登場を楽しみにしてい方も多いのではないでしょうか。

幼少期はイケメンと言われる光央くんや隼司くんとソックリだったのですが、どこでどうなったのか、現在はガリガリ君みたいな顔に成長(笑)。

パチンコとパソコンが趣味のインドア派で、最近のアイドルや女優さんには疎く、広瀬すずさんや橋本環奈さんも知りません。

家族のイベントの際には、長男・孝之くんと一緒にお金を出し合ったりと、家族思いの優しい一面もあります。

彼女いない歴=年齢と堂々公言し、結婚願望もないようですが、性格はおっとりしており、真面目でユーモアもあるので“隠れイケメン”として、ファンレターは一番多いそうです。

智広くんの名言&おもしろエピソードは⇒こちら

五男元基(もとき)

生年月日1991年2月1日
年齢30歳
職業システムエンジニア

小さい頃から“眼鏡キャラ”として定着し、ゲームが得意だった五男の元基くん。

実は元基くんは、3歳の頃から視力が悪いことが発覚して眼鏡をかけていましたが周囲からは「あんな小さいのに眼鏡かけてかわいそう。」と心ないことを言われたそうです。

しかしお母ちゃんは、元基くんに「かっこいいよ。賢そうだよ。」とずっとポジティブな言葉を言い続けました。

そのおかげで元基くんは、眼が悪いことを特にマイナスにとらえることなく育ったそうです。母の愛ですね!

そんなお母ちゃんの教育もあってか、控え目な性格ながら優しく穏やかな性格に育った元基くん。

神奈川工科大学大学院を卒業し、IT系の会社(株)情報戦略テクノロジーに就職しました。大学時代は、アイドルにハマりオタク街道まっしぐらかと思っていましたが、就職してからは塩顔の端正な顔を生かし合コン三昧だったときも。

しかし、現在も独身で彼女はいません。

システムエンジニアとして勤続7年目。給料もみるみるアップし、27歳で3LDKの中古マンション購入しましたが、一人暮らし中。

もっぱらアレクサが相方となっていますwww。

六男・有志くんと同居していたときは、料理を担当するなど家庭的な一面もあり、知的な眼鏡姿で女性視聴者から人気急上昇中です。

元基(五男)くんについて詳しくは⇒こちら

六男有志(ゆうじ)

生年月日1996年1月20日
年齢27歳
職業ダイソン専属スタイリスト

思春期が荒れていた六男・有志くんは、カメラの前では常にマスク姿で過ごしていたことが印象的でした。

兄弟のなかで声が高めで早口なのも特徴です。

お父ちゃんの影響からか、美容師の専門学校を卒業し、首都圏を中心とする大手美容室チェーン店「la coiffure de excel」の川崎ルフロン店に勤務しますが、退職。

これについて、お父ちゃんが温泉旅行で「簡単にあきらめるな」と説教し、有志くんがカチンときたせいで、二人は口論になりました。

その時お父ちゃんがワイン瓶で有志くんにに殴りかかろうとするなど、一触即発の状況になり、視聴者をハラハラさせました。

一方で、お母ちゃんの髪を切ってあげるなど優しい一面もあります。

現在は、横浜のダイソンで正社員となり、美容師で培った技術とトーク力を生かし、専属スタイリストとしてドライヤーの実演販売や新人研修を担当。

お父ちゃんも職場での様子を見学し、有志くんの頑張りを認めていました。

ショップチャンネルのダイソン商品の紹介コーナーや、女性雑誌storyに登場したこともあるんですよ!

2021年には、1LDKの新築マンションを購入。

彼女もおり、彼女のお母さんやお姉さんとも仲良くしているそうなので、隼司くんに続き結婚もあるかもしれません。

七男隼司(しゅんじ)

生年月日1993年1月11日
年齢24歳
職業会社員

石田さんチの末っ子として、ヨチヨチ歩きの頃からファンに見守られてきた七男・隼司くん。

お母ちゃん42歳のときの子どもだけあって、夏休みの宿題をすべてやってもらうなど手をかけられ過ぎたと言ってもいいくらい、一番可愛がられて育ちました。

今でこそクールな隼司くんですが、6年生まで お母ちゃんの手を握ってないと眠れなかったほど甘えん坊でした。

また、とってもやんちゃで、一つ上の兄・有志くんとの喧嘩では「アイツ、絶対許さねぇ!!」と包丁を持ち出そうとして、お母ちゃんに制止される一幕もありました。(これも度々、放送されるてますねwww)。

中学~高校時代は、「母ちゃんカネちょうだい!」とカツアゲし、「うるせんだクソババア。デブ。」などと暴言を吐いたり、取材陣に当たり散らすことも有り、荒れた時代もありました。

夜遊びかど不規則な生活のせいで自律神経失調症を患い、ごガリガリに痩せ細って、お母ちゃんをとても心配させました。

そんなときでも、お母ちゃんは隼司くんが唯一食べられる卵焼きを毎日、お弁当に詰めて持たせていました。

しかし、美容師専門学校に入学する頃には嘘のように落ち着き、卒業後は世田谷の美容院に就職。

初任給で両親に食事をごちそうするまでに、成長しました。

美容師を退職後は、自分が何をやっていいのか分からないと悩んでいましたが、東京で再就職先が決まりました。

とはいえ東京にいっても、地元の友達とは仲がよく、お母ちゃんが骨折したときには、すぐに駆けつけるなど、なんだかんだでお母ちゃんのことが大好きな隼司くんです。

また、高校生のときにお母ちゃんから巻き上げたお金を少しづつお小遣いとして返済したり、財布や携帯をプレゼントするなど、兄弟一の孝行者となりました。

お母ちゃんとお父ちゃんのルビー婚のお祝いでは、「視聴者やスタッフのおかげで、家族旅行に行ける機会が与えられた。感謝している。」と述べ、お母ちゃんを感心させていました。

ファンとしても、この言葉は嬉しいですよね~。

次男・光央くんと同じ系統のイケメン顔で、アイドル的人気を誇っている隼司くんですが、2020年「籍をいれたいと思っている人がいる」と結婚を発表しました。

スタッフは、彼女である加藤麻衣さんの存在を4年ほど前から知っていましたが、隼司くんから「彼女のプライバシーを配慮して欲しい」とお願いされており、番組では一切触れていませんでした。

彼女の安全を最優先する隼司くん男前ですね〜。

お相手のお名前は麻衣(まい)さんと言って、年齢は隼司くんと同じ24歳

都内のenvym(エンビ―)というギャル系アパレルショップに勤めているとのこと。

付き合って4年目で、マンションで同棲後に結婚しました。

まいさんは、隼司くんの包容力や気遣いに惚れたそう。

お母さんからの圧や、急に8人の義理の兄弟が出来ることに少し不安があるそうですが、とても気遣いの出来る女性のようなので、問題ないでしょう。

2021年7月10日には、隼司くんと麻衣さんの間に女の子が誕生。

末っ子の隼司くんは、ついにパパになりました。

コロナ禍での大変な出産でしたが、隼司くんの献身的な支えもあり、麻衣さんは、無事女の子を出産。

名前は、「 依那(えな)ちゃん」と名付けました。

今流行りのキラキラネームでもなく、かわいらしく良い名前ですね!

娘が生まれてから隼司くんは、さらに家族思いとなり、娘にはデレデレで、お母ちゃんにもさらに優しくなったように感じます。

今後も、隼司くんの父親ぶりと、えなちゃんの成長を見ていきたいです。

『石田さんチ』の末っ子イケメン隼司くんの歩みは⇒こちら

『石田さんち』2022年の放送

2021年12月8日には密着24年!孫が誕生3時間SP 大家族 石田さんチ〜君が、パパになるなんて…』が放送されましたが、2022年の放送や、再放送情報や動画配信は今のとろころありません。

↓オシャレな大家族【漆山家】の家族構成とお金持ちな理由は⇒こちら

徳島で時給自足をしている大家族もいます!
徳島の大家族【廣川家の家族構成!時給自足の独自のルールに仰天は⇒こちら

最後に

コロナ禍や災害など世の中暗いニュースが多いからこそ、石田さんチには明るくあって欲しい願う私たちですが、お父ちゃん、お母ちゃんも高齢化、子どもたちの結婚、就職、親の介護などシビアな問題も勃発しています。

そんななかで、末っ子の隼司くんに子どもが誕生するという嬉しいニュースが放送されました。

しかも、奥様の顔出しや、出産までの密着もOK!ファンとしては昔の賑やかな『石田さんチ』に戻ったようで、楽しく見させて頂きました。

今後も親戚のような感覚で、気負わず自然体で、ありのままを受け入れる『石田さんチ』を見守っていきたいです。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。