『カムカムエヴリバディ』相関図キャスト一覧を図解で!子役や追加人物も

朝ドラ

2021年後期の朝ドラ『カムカムエヴリバディ』は、朝ドラ史上初の3人のヒロインがラジオ英語講座と共に歩みながら紡ぐ、100年のファミリーストーリーです。ここでは、『カムカムエヴリバディ』をさらに楽しむためにキャスト・相関図・子役・などを図解にして分かりやすくまとめてみました。

-Sponsored Link-

『カムカムエヴリバディ』岡山編キャスト・相関図

『カムカムエヴリバディ』岡山編の相関図

岡山編ヒロイン

安子上白石萌音

【初代ヒロイン】
1925年ラジオが生まれた日に、岡山市内の和菓子屋「たちばな」で誕生した看板娘。あんことおしゃれが大好きなごく普通の女の子。戦争で夫を失くし、娘を置いてアメリカに渡らざる得なかった。ラジオ英語講座との出会いで、未来を切り拓いていく。
【上白石萌音プロフィール】

・1998年生まれ鹿児島県出身。
・『東宝「シンデレラ」オーディション』で2011年に審査員特別賞を受賞し芸能界デビュー
・朝ドラは初出演。大河ドラマは3作に出演し『青天を衝け』では篤君を演じる。
・最近では、佐藤健と出演したドラマ『恋はつづくよどこまでも』でのナース役でも注目される。

橘家(安子の家族)

安子の父:橘金太甲本雅裕

【安子の父】
真面目な性格で演芸好きな安子の父。御菓子司「たちばな」の二代目大将で、店のあんこの味を大切に守っている。
【甲本雅裕プロフィール】

・1965年生まれ岡山県出身。兄にミュージシャンの甲本ヒロトを持つ。
・俳優の梶原善の誘われ東京サンシャインボーイズに入団し、その後、映像の世界に活動の場を移す。
・ドラマ『踊る大捜査線』『遺留捜査』などの出演で知られ、大河ドラマ3作、朝ドラも『カーネーション』『心』に続き3作目の出演。

安子の母:橘小しず西田尚美


【安子の母】
家族みんなを気遣う優しく思いやりのある母。金太と一緒に御菓子司「たちばな」を切り盛りしている。
【西田尚美プロフィール】

・1970年生まれ広島県出身。
・文化服装学院卒業し、『an・an』『non-no』などでモデルとして活躍。
・ドラマ『白い巨塔』『相棒』『半沢直樹』『ライオンのおやつ』など人気作に多数出演している。
・朝ドラは『マッサン』以降2作目の出演となる。

安子の兄:橘算太濱田岳

【安子の兄】
橘家の長男で安子の兄。家業の「たちばな」を継ごうと働き始めるが興味がなく、父の金太と衝突する。
【濱田岳プロフィール】

・1988年生まれ東京都出身。
・ドラマ『釣りバカ日誌』シリーズ、映画『永遠の0』、ドラマ『教場』などに出演する俳優。
・最近では、ジブリ作品『アーヤと魔女』トーマス役として声優を務めた。

安子の祖母:橘ひさ鷲尾真知子

【安子の祖母】
何事にも動じない、しっかり者で頭の回転が早い安子の祖母。
【鷲尾真知子プロフィール】

・1949年生まれ神奈川県出身。
・ドラマ『大奥』 シリーズや『おみやさん』シリーズで知られる。
・朝ドラ出演は『澪つくし』『春よ来い』以降3作目の出演。
・声優としても活躍し『うる星やつら』のサクラ、『天空の城ラピュタ』のおかみさん役を担当。

安子の祖父:橘杵太郎大和田伸也

【安子の祖父】
「たちばな」の初代大将で安子の祖父。職人気質で頑固なため金太などには厳しいが、孫の安子にはめっぽう弱い。
【大和田伸也プロフィール】

・1947年生まれ福井県出身。
・『キッズ・ウォー』シリーズ『水戸黄門』での格さん役などで知られるベテラン俳優。
・アニメ『ライオンキング』のムサファの声優を務めたことでも知られる。
・朝ドラは『藍より青く』『梅ちゃん先生』から3作目の出演。

雉真家

千吉の長男:雉真稔松村北斗

【雉真繊維の社長・千吉の長男・稔】
家業の繊維業を海外に展開させることを目指している大学生。岡山の地元でも有名な名家の生まれで雉真家の跡取り。英語が堪能で誰もが認める好青年。安子の運命を変える人物。
【松村北斗プロフィール】

・1995年生まれ、静岡県出身で ジャニーズグループのSixTONESのメンバー。
・『劇場版 私立バカレア高校』で映画デビューし、ドラマ『パーフェクトワールド(2019)』『レッドアイズ(2021)』などに出演。
・朝ドラ出演は初めて。

千吉の次男:雉真勇村上虹郎

【千吉の次男・勇】
安子とは小学校からの同級生で、甲子園出場を目指す野球少年。兄の稔を尊敬している。安子のことが好きだが、素直になれずちょっかいを出してしまう。
【村上虹郎プロフィール】

・1997年生まれ、東京都出身。父は父は俳優の村上淳、母は歌手のUAとしても有名。
・ドラマ『日曜劇場 仰げば尊し(2016)』『この世界の片隅に』などに出演。
・朝ドラ出演は初めて。

雉真繊維の社長:雉真千吉段田安則

【雉真繊維の社長】
雉真繊維を一代で大きくした地元でも知られる実力者。息子の稔と一緒に、海外進出など事業の拡大を目指している。
【 段田安則プロフィール】

・1957年生まれ京都府出身。
・シリアスからコミカルまで演じる名脇役で、ドラマ『不毛地帯』『半沢直樹』などに出演
・朝ドラ出演は4作目。

千吉の妻:雉真美都里YOU

【千吉の妻】
稔と勇の母。良家の出のためお嬢様育ちで気品高い。いつも華やか。息子たちを愛するがゆえ、安子にとって障害となる。
【YOUプロフィール】

・1964年生まれ東京都出身。
・18歳の頃からモデルとして活動し、アイドル歌手としてデビュー。その後バラエティで大活躍。
・女優としては映画『誰も知らない』『いま、会いにゆきます』などに出演。
・朝ドラ出演は初めて。

雉真家の女中:雪衣岡田結実

【雉真家の女中】
控えめな性格だが、よく気がつく働き者。雉真家の女中だが、後の嫁になる?!ある理由から安子に冷たい態度を取ってしまう。
【岡田結実プロフィール】

・2000年生まれ大阪府出身。父はお笑いタレントの岡田圭右。
・バラエティ番組で活躍後、女優にも挑戦し『江戸モアゼル〜令和で恋、いたしんす。〜』では初主演を務めた。
・朝ドラ出演は初めて。

雉真家の女中:村野タミ西川かの子

【雉真家の女中】
雉真家に仕える女中。常に明るく雉真家の人々の日常を支える。
【西川かの子プロフィール】

・1974年生まれ、東京都出身。。西川きよし・西川ヘレン夫妻の長女。
・朝ドラは『カーネーション』でゲスト出演。『まんぷく』では林たま代を演じた。

岡山市内の商店街の人々

安子の幼なじみ:水田きぬ小野花梨

【安子の幼なじみ】
クールでしっかり者の安子の親友。常に安子の味方で応援をしてくれる。商店街にある豆腐屋「水田屋とうふ」の娘でもある。
【小野花梨プロフィール】

・1998年生まれ東京都出身。
・子役として活動後、ドラマ『鈴木先生』『親バカ青春白書』『きれいのくに』などに出演。
・朝ドラは初出演。

「水田屋とうふ」の店主:水田卯平浅越ゴエ

【水田屋とうふの店主】
商店街にある豆腐屋「水田屋とうふ」の店主できぬの父親。金太と一緒に商店街を盛り上げ、きぬや安子を温かく見守る。
【浅越ゴエプロフィール】

・1973年生まれ岡山県出身。
・お笑いユニットザ・プラン9のメンバー。

喫茶マスター:柳沢定一世良公則

【喫茶店マスター】
ジャズが流れ、こだわりのコーヒーが自慢の喫茶店『Dippermouth Blues』のマスター。海外の珍しいレコードを集めるなどジャズに精通している。
【世良公則プロフィール】

・1955年生まれ、広島県出身。
・世良公則&ツイストのボーカリストとして知られ、数々のヒット曲を発表。
・、朝ドラ『チョッちゃん』や『Wの悲劇』、『極道の妻たち』シリーズ、『マルモのおきて』『カンゾー先生』など俳優としても活躍。

定一の息子:柳沢健一前野朋哉

【定一の息子】
喫茶店『Dippermouth Blues』マスターである定一の息子。店を手伝っている。
【前野朋哉プロフィール】

・1986年生まれ、岡山県倉敷市出身で「おかやま晴れの国大使」を務めている。
・朝ドラ『わろてんか』ではお笑い芸人を演じM-1にも出演。最近では映画『ドクター・デスの遺産』で刑事を演じた。

荒物屋店主:赤螺吉兵衛堀部圭亮

【荒物屋店主】
商店街にある荒物屋「あかにし」の店主。誰よりも早くラジオを入手。そのケチぶりから「ケチ兵衛」と呼ばれる。
【堀部圭亮プロフィール】

・1966年生まれ、東京都出身。
・勝俣州和と「K2」を結成し「笑っていいとも!」などバラエティで活躍。
・その後、俳優として大河ドラマ『新選組』『花燃ゆ』『平清盛』などを始め多くの作品に出演。放送作家としてもマルチに活動している。

大阪の人々

主婦:小川澄子紺野まひる

【安子が大阪で出会う主婦】
ラジオで平川唯一の「カムカム英語」を家族みんなで聴くのが日課としており、偶然安子と出会う。
安子が大阪で出会う主婦。
【紺野まひるプロフィール】

・1977年生まれ、大阪府出身。
・元宝塚歌劇団雪組トップ娘役。
・朝ドラ『てるてる家族』では、元フィギュアスケート選手岩田春子を演じたことで知られる。ほかに『おひさま』『スカーレット』にも出演。

小椋くま若井みどり

【おぐら荘の大家】
雉真稔が大阪で下宿する先の大家。おせっかいな性格で、稔と安子の関係性を見守っている。安子の後押しをしてくれる。
【若井みどりプロフィール】

・漫才コンビ若井こづえ・ひとみを結成していた。
・相方が亡くなり現在は、吉本新喜劇に出演。

借金取り

借金取り:こわもての田中徳井優

【借金取り】
突如、橘家に押しかけてくるこわもての借金取り。安子の兄・算太と知り合い?!
【徳井優プロフィール】

・1959年生まれ大阪府出身。
・「引越しのサカイ」のCMキャラクターとして知られる。
・ドラマ『ケイゾク』朝ドラ『ゲゲゲの女房』に出演。最近では大河ドラマ『青天を衝け』では折田要蔵を演じている。

軍人

帝国軍人:神田猛武井壮

【海軍主計中佐】
帝国軍人。雉真繊維の製品品質を認め取り引きをおこなってきた。戦争が近づくなか、雉真繊維にさらなる軍服の製造発注を依頼する。
【武井壮プロフィール】

・1973年生まれ、東京都出身。
・元陸上競技選手で十種競技元日本チャンピオン。
・ピエール瀧に見いだされ、芸能界入りし、バラエティなどで百獣の王を目指す男として話題となる。
・大河ドラマ『花燃ゆ』『いだてん』に出演。

 

米軍将校:ロバート・ローズウッド村雨辰剛

【米軍将校】
進駐軍の将校。日本語が通じず困っているところ安子に助けられる。ラジオ英語で英語に興味を持った安子にとって、ロバートの出会いは転機となる。
【村雨辰剛プロフィール】

・スウェーデン出身の元語学教師で現在は庭師。
・本名はヤコブ・セバスティアン・ビヨークで身長は182cm
・『NHKみんなで筋肉体操』に出演。

-Sponsored Link-

『カムカムエヴリバディ』大阪編キャスト

二代目ヒロイン・るい(深津絵里)の物語は、昭和37年の大阪からスタートします。

大阪編ヒロイン

安子の娘:るい深津絵里

【2代目ヒロイン】
安子の娘。自分を置いていった母と英語を憎みながらも、自由に自分らしく生きたいと願う。岡山を飛び出し大阪に向かひょんなことから、クリーニング店を営む夫婦と出会い住み込みで働きはじめる。手際よく働くるいは、クリーニング店の看板娘となる。そんななかジャズソングに出会い、夢への扉を開いていく。一度決めたら、曲げない性格は母の安子譲り。
【深津絵里プロフィール】

・1973年大分県出身。
・JR東海のクリスマスエキスプレスのCMに15歳で出演し注目される。
・ドラマ『踊る大捜査線』『きらきらひかる』『恋ノチカラ』映画『ザ・マジックアワー』『悪人』『ステキな金縛り』など多数のヒット作品に出演し、日本を代表する女優の一人となる。
・朝ドラは意外にも初出演で、朝ドラ史上最高齢で48歳のヒロインでもある。

るいが大阪で出会う人々

謎の男:大月錠一郎オダギリジョー

【謎の客の男】
るいが働くクリーニング店に不定期に現れる謎の男。背広から下着まで大量の洗濯物を置いていき、名前も住所も分からずすぐに消えるようにいなくなる。つかみどころない言動でるいを翻弄する。通称“ジョー”。
【オダギリジョープロフィール】

・1976年生まれ、岡山県出身。
・個性を認められ『仮面ライダークウガ』の主人公に抜擢され注目される。
・映画『血と骨』『メゾン・ド・ヒミコ』ドラマ『時効警察』シリーズや『大豆田とわ子と三人の元夫』に出演。
・朝ドラ出演は初めて。

女子大生:ベリー市川実日子


【ジャズ喫茶に通う女子大生】
錠一郎に好意を抱く女子大生。良家のお嬢様で、るいと錠一郎の関係がきになる。るいに敵対心を持っている。
【市川実日子プロフィール】

・1978年生まれ、東京都出身。姉は同じく女優の市川実和子。
・10代の頃より雑誌『CUTiE』『Zipper』『spoon.』などのモデルとして活躍。
・映画『嫌われ松子の一生』『シン・ゴジラ』、ドラマ『凪のお暇』『大豆田とわ子と三人の元夫』などに出演。

ミュージシャン:トミー早乙女太一

【ミュージシャン】
木暮洋輔の営むジャズ喫茶を拠点に活動するミュージシャン。追っかけファンもおり、絶大な人気を誇っている。クリーニングの集配にやってくる るいにちょっかいを出す軽い男。
【早乙女太一プロフィール】

・1991年生まれ、福岡県出身。
・大衆演劇の劇団員の両親のもとで育ち、4歳から舞台に立つ。
・小学生の頃にビートたけしに認められ映画『座頭市』『TAKESHIS’』に出演。
・朝ドラ出演は初。

クリーニング店店主:竹村平助村田雄浩

【「竹村クリーニング店」店主】
大阪・道頓堀に店を構える「竹村クリーニング店」の店主。丁寧な仕事でアイロンの腕がいい。情に厚いが脇が甘く、妻の尻にしかれている。
【村田雄浩プロフィール】

・1960年生まれ、埼玉県出身。
・映画『ミンボーの女』、『おこげ』の演技で数々の映画賞を受賞し、『渡る世間~』や『ゴジラ』シリーズの出演でも知られている。
・朝ドラは、『澪つくし』『純情きらり』などから5作目の出演。

平助の妻:竹村和子濱田マリ

【「竹村クリーニング店」店主の妻】
平助とまるで夫婦漫才のようなやりとりを繰り広げる。るいを娘のように可愛がり、温かく見守る。
【濱田マリプロフィール】

・1968年生まれ、兵庫県出身。
・映画『血と骨』『愚行録』『コンフィデンスマンJP』シリーズ、ドラマ『ライオンのおやつ』など数々の話題作に出演。
・朝ドラは『カーネーション』以来2作目。

ジャズ喫茶の支配人:木暮洋輔近藤芳正

【ジャズ喫茶の支配人兼バーテンダー】
クリーニング店のお得意様であるジャズ喫茶の支配人兼バーテンダー。錠一郎の出自や過去を知る人物。
【近藤芳正プロフィール】

・1961年生まれ、愛知県出身。
・三谷作品の常連俳優で『ラヂオの時間』『みんなのいえ』などに出演。
・朝ドラは、『てるてる家族』『なつぞら』など7作目の出演となる。

映画館 館主:西山 太笑福亭笑瓶

【映画館の館主】
竹村クリーニング店の近くにある映画館の館主で町内会長を務める人物。平助とともに時代劇が好き。東京オリンピックが近づき、テレビの普及により映画館の客足が減り小言が多い。
【笑福亭笑瓶プロフィール】

・1956年生まれ、大阪府出身の落語家でお笑いタレント。
・俳優としての仕事は少なく、朝ドラ出演は初めて。

-Sponsored Link-

『カムカムエヴリバディ』他ヒロイン・キャスト

ヒロイン

るいの娘:ひなた川栄李奈

【3代目ヒロイン】
るいの娘。昭和40年代の京都で、時代劇に憧れつつも、回り道を経てラジオ英語講座に自分の居場所を見つけていく。
【川栄李奈プロフィール】

・1995年生まれ神奈川県出身。
・AKB48の元メンバーで2015年に卒業。
・朝ドラ出演は『とと姉ちゃん』森田富江役以来2作目の出演。
・女優として、自然な演技と押し付けがましくない存在感が評価されている。

ラジオ英語講座講師:平川唯一さだまさし

【ラジオ英語講座「カムカム英語」の人気講師】
終戦後まもなくに放送されたNHKラジオ英語講座の講師を務める。安子、るい、ひなたに大きな影響を与える。
【さだまさしプロフィール】

・長崎県出身のシンガーソングライターで「関白宣言」「北の国から」など数々のヒット曲を生み出す。
・NHK「今夜も生でさだまさし」のパーソナリティーとしても知られる。

『カムカムエヴリバディ』相関図

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』の相関図はただいま制作中です。

2021年前期『おかえりモネ』キャスト・相関図は⇒コチラ

2022年度前期『ちむどんどん』キャスト・相関図は⇒コチラ

『カムカムエヴリバディ』あらすじ

「私の知らない母、私の知らない祖母。そして、母の知らない祖母、私の知らない未来・・・ラジオがつないだ小さな奇跡」
戦争で夫と死に別れ、娘を置いてアメリカに渡るしかなかった祖母・安子(やすこ)。
親と英語を憎みつつも、ジャズソングに救われて自分の人生を切り開いた母・るい。
時代劇の世界に憧れながら、回り道を経てラジオ英語講座に自分の居場所をみつけていった娘・ひなた。
3人はラジオで英語を聴き続けることで、それぞれの夢への扉を開いていきます。
「小さな一歩一歩を積み重ねることが、思ってもいない人生を切り開き、明るく照らしていく」そんなメッセージを込めた波瀾万丈なハートフルコメディーを日本の朝に届けます。
1日15分、『カムカムエヴリバディ』を毎日見たら、あなたも英会話の達人にきっとなれる!…かもしれません!?

『カムカムエヴリバディ』の意味や実在モデル

朝ドラのタイトルとしては、かなりポップな印象の『カムカムエヴリバディ』は、ヒロインたちの実在モデルであるラジオの英語会話講座講師アナウンサーの 平川 唯一さんの番組・通称 『カムカム英語』のオープニングからとったものです。

『カムカム英語』オープニングは、「♪しょう しょう しょうじょうじ しょうじょうじの庭は」でお馴染みの「証城寺(しょうじょうじ)の狸囃子たぬきばやし」のメロディに乗せて「♪Come come everybody」の英語歌詞がつけられています。

50代以降の方であれば、「♪Come come everybody How do you do」と聞くと、懐かしいと感じるのではないでしょうか。

平川唯一さんは、戦時中NHKアナウンサーとして米兵に向けて放送し、終戦時の玉音放送を英語翻訳しアメリカに放送した過去があります。

平川さんは、そんな経験から、『カムカム英語』の曲には、戦後の復興のなかで「少しでも日本を明るく照らしたい」という平和への思いを込めたのです。

本作では、シンガーソングライターの さだまさしさんが平川唯一さんを演じます。

さだまさしさんは、英語は苦手のようですが真摯な歌声と人々を勇気づける優しい語り口は、平川さん役にピッタリではないでしょうか?

主題歌ではなくお芝居をする さだまさしさんにも注目したいですね。

『カムカムエヴリバディ』脚本家

『カムカムエヴリバディ』の脚本を務めるのは、朝ドラファンの中でも根強い人気を誇る『ちりとてちん(2007年)』を描いた 藤本有紀さんです。他には、大河ドラマ『平清盛』、NHKドラマ『みをつくし料理帖』などを担当しています。

藤本さんの代表作ともいえる朝ドラ『ちりとてちん』といえば、低迷が続いていた朝ドラ復活の立役者と言われ、 “NHKあなたが選ぶ朝ドラ”投票8位、“NHK朝ドラ名シーンランキング”1位を獲得した名作です。

藤本さんは、朝ドラヒロインにありがちな「持ち前の明るさで、前向きに困難を乗り越えていく」ではなく、マイナス思考ですぐに弱音を吐くという少し残念でヒロインを描くことで、視聴者の共感を得ました。

また、多くの情報量や伏線を散りばめ作り込まれた脚本に、視聴者は観ているうちにのめり込んでしまうので、熱狂的なファンを生み出す結果となりました。

本作は3人のヒロインがバトンタッチしながら進むストーリーですが、複雑なエピソードを1つにまとめる力がある藤本さんならではの新しく、巧みな朝ドラに期待したいですね。


-Sponsored Link-

『カムカムエヴリバディ』放送日と放送時間

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』放送日と時間

2021年11月1日(月)スタート!
(月)~(土)
[NHK総合]前8:00~<全150回>

2021年11月1日(月)スタート!
[NHKBSプレミアム]月~土 前7:30~7:45

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』再放送

[NHK総合]月~土 後12:45~13:00

[NHKBSプレミアム]月~土 後23:30~23:45

追加キャストや主題歌などについては、情報が入り次第に追記いたします。

\朝ドラ配信中/無料トライアル期間の解約で¥0

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。