『ちむどんどん』相関図キャスト一覧を図解で!子役や追加人物も

朝ドラ

2022年度前期放送の朝ドラは、沖縄の本土復帰50年を記念して制作される『ちむどんどん』です。沖縄の片田舎で伸び伸びと育ち、西洋料理人になるために上京するヒロインを演じるのは、いま最も注目される若手女優のひとりである黒島結菜さん。ここでは、『ちむどんどん』をさらに楽しむためにキャスト・相関図・子役・などを図解にして分かりやすくまとめてみました。

-Sponsored Link-

『ちむどんどん』キャスト一覧

ヒロイン:比嘉暢子黒島結菜

比嘉暢子(ひが のぶこ)

沖縄本島北部、「やんばる地方」の人里離れた農村に育つ。四人兄妹の次女で、兄、姉、妹がいる。のん気でマイペースな性格だが、いさぎよくまっすぐで喜怒哀楽のはっきりした一面を持つ。運動神経抜群で、食べること、おいしいものを食べることが何よりも好き。小学校の頃に父親を亡くし、それからは働きに出る母を助けるために一家の食事作りを担当することに。一度 食べた西洋料理の美しさ、美味しさが忘れられず、料理人を目指して上京する。

黒島結菜プロフィール

1997年生まれ。沖縄県糸満市出身。小学生時代はバスケットボール部、中学ではバドミントン部に所属するスポーツ少女だった。透明感のあるクールな顔立ちに、ナチュラルな眉が特徴。大河ドラマ「花燃ゆ(2015)」や「いだてん~東京オリムピック噺~(2019)」、朝ドラも「マッサン(2015)」「スカーレット(2020)」に出演し、さらにさらに「アシガール」や、「ハルカの光」などNHK作品で着実にステップアップしてきた実力派若手女優の一人。

語りジョン・カビラ

ジョン・カビラ プロフィール

1958年生まれ。沖縄県那覇市出身。沖縄初のアナウンサーとして活躍した川平朝清さんを父に持つ。沖縄本土復帰を機に家族と共に上京。大学卒業後はソニーに入社し、FM横浜でDJデビュー。以後NHK「英語でしゃべらナイト」や「きかんしにゃトーマス」の第9シリーズのナレーションを務めるなど活躍。気さくな人柄と独特の声で、ラジオ番組をはじめ多くの人を魅了している。

-Sponsored Link-

『ちむどんどん』相関図

『ちむどんどん』相関図はただいま作成中です。

2021年前期『おかえりモネ』のキャスト・相関図は⇒コチラ

2021年後期『カムカムエブリバディ』キャスト・相関図は⇒コチラ

『ちむどんどん』あらすじ

1960年代。まだ沖縄はアメリカ軍の統治下にありました。沖縄本島北部は、「やんばる地方」と呼ばれ、豊かな自然や山林の多い地域。その「やんばる」の、とある ひなびた村に、サトウキビなどの農家を営む比嘉(ひが)家が暮らしていました。父と母はふたりで一生懸命働き、家計を支えています。長男、長女、次女、三女の四人の子供たちは、それぞれに個性豊か。けんかしなが らも仲良く育っています。 ヒロインは 次女の暢子(のぶこ)。家族でいちばん、食べることが大好きで、おいしいものが大好き。野に山に海に、小学生の暢子にとって「遊ぶ」といえば、「何かを採って食べること」。そして、一度だけ家族そろって町のレストランで食事をしたときに、暢子は生まれて初めての西洋料理にこころ奪われました。
やがて一家をつらい運命が襲います。優しい父が急逝。残された母は女手一つで働き、経済的に苦しい中で四人の子供たちを育てます。働く母を支えるために子供たちはそれぞれに家事を担当。暢子は料理を担います。月日は流れ、高校卒業を迎えた暢子は、「東京に行きたい。西洋料理のシェフになりたい!」と夢を抱きます。折しも1972年、沖縄の本土復帰の年。暢子は家族や兄妹のサポートを得て東京に渡り、念願の有名レストランの厨房で修業をはじめます。職場は東京ですが、下宿先は神奈川県横浜市の鶴見。京浜工業地帯が近い鶴見は、戦前から、働くために海を渡ってきた多くの沖縄出身者が移り住んだ町でした。暢子は厨房で厳しい修業の歳月を送り、兄妹たちもそれぞれの道を歩み出します。気持ちがすれ違うこともありますが、昔から共に食べてきたふるさとの料理、そして家族の思い出が兄妹の絆をつなぎ、互いに支え合いながら大人になっていきます。
そして暢子はさまざまな人とふれあい、恋をして、料理人として成長するなかで、「東京で沖縄料理の店を開きたい」と感じ始める…。大好きな人と、おいしいものを食べると、誰でも笑顔になる―――ふるさと沖縄の料理に夢をかけたヒロインと、支えあう兄妹たち。“朝ドラ”第106作は個性豊かな沖縄四兄妹の、本土復帰からの歩みを描く笑って泣ける朗らかな、50年の物語2022年は、沖縄本土復帰50年。復帰以来、多くの沖縄の若者たちが、本土へと仕事や夢を追いかけて渡っていった。家族と別れ、食べ慣れた郷土の料理を思い――。コロナ禍に見舞われ、かつてなく“孤独・孤立”が問われる今の時代にこそ遠く離れ、会えなくても、心はつながって支えあう美しい家族と、ふるさとの物語を全国にお届けします。羽原大介さんの脚本によるオリジナル作品です。

『ちむどんどん』の意味

タイトル『ちむどんどん』は沖縄の方言で、「チム=胸・心」、「どんどん=ドキドキ、高鳴る」つまり 「胸が高鳴る」という意味です。

沖縄の人は、興奮した時に「今日のライブ最高にチムドンドンした~!」と言ったり、好きな人にアピールするときに「あなたと一緒にいるとチムドンドンする」といった風に使うそうです。

チムドンドンという響きはリズムがあって、キャッチーな言葉なので、沖縄以外に住む若者の間でも流行るかもしれませんね。

料理人になるため沖縄を飛び出し、東京に向かう暢子には、どんなチムドンドンすることが待ち受けているのでしょうか。楽しみですね!

『ちむどんどん』演出・制作統括

今回『ちむどんどん』の脚本を担当するのは北海道を舞台に日本のウィスキー誕生を描いた「マッサン」の羽原大介さんです。

羽原さんは、2007年 「フラガール」で2年連続日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞し、他にもドラマ「とんび」「こもりびと」映画「パッチギ(共同脚本)」などシリアスとコミカルの織り交ぜ方も絶妙で、骨太な主人公を多く描いてきました。

そして、制作を統括するのは、20代の頃、NHK沖縄放送局に勤め、4年間沖縄県民だったという小林大児さん。小林さんといえば、「真田丸」「ちゅらさん」「てっぱん」「純と愛」「ごちそうさん」などを担当したヒットメーカー。

【沖縄ことば指導】 藤木勇人
【フードコーディネート】 吉岡秀治 吉岡知子
【スタッフ】 制作統括:小林大児 藤並英樹
【プロデューサー】松田恭典

最高の布陣ともいえるスタッフが揃った『ちむどんどん』に期待が高まります。

『ちむどんどん』放送日と放送時間

朝ドラ『ちむどんどん』放送日と時間

2022年春(月)~(土)
[NHK総合]前8:00~<全150回>

[NHKBSプレミアム]月~土 前7:30~7:45

朝ドラ『ちむどんどん』再放送

[NHK総合]月~土 後12:45~13:00

[NHKBSプレミアム]月~土 後23:30~23:45

追加キャストや主題歌などについては、情報が入り次第に追記いたします。

-Sponsored Link-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。